旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

特定保険医療材料・材料価格(胸水・腹水濾過濃縮再静注法)

医療従事者向けサイト

弊社製品の特定保険医療材料・材料価格(償還価格)につきまして、以下の通りご案内申し上げます。
(平成30年4月1日現在)

K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法

特定保険医療材料名称
<商品名>
材料価格 手術料
054 腹水濾過器、濃縮再静注用濃縮器
<AHF-MO、AHF-UP>
64,100円
(回路含む)
胸水・腹水濾過濃縮
再静注法
4,990点

診療報酬算定方法の実施上の留意事項について

K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
一連の治療過程中、第1回目の実施日に、1回に限り算定する。
なお、一連の治療期間は2週間を目安とし、治療上の必要があって初回実施後2週間を経過して実施した場合は改めて所定点数を算定する。

特定保険医療材料の定義について

054 腹水濾過器、濃縮再静注用濃縮器(回路を含む。)
定義
次のいずれにも該当すること。

(1)薬事承認又は認証上、類別が「機械器具(7)内臓機能代用器」であって、一般的名称が「腹水濾過器」又は「腹水濃縮器」であること。

(2)難治性胸水、腹水症等の患者について、当該患者の胸水又は腹水中の自己有用蛋白成分の再利用を行うことを目的に、患者胸水又は腹水中の除菌、除細胞等を行う濾過器及び濾過後の胸水又は腹水を適正な有用蛋白成分濃度に調整する濃縮器(回路を含む。)であること。

出典

平成30年3月5日
 厚生労働省告示第43号
 厚生労働省告示第47号
 保医発0305第1号
 保医発0305第10号
 保医発0305第13号

お問い合わせ

製品やサポートに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭に戻る