旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

持続緩徐式血液濾過療法(CRRT) 医療従事者向けサイト

持続的腎機能代替療法(Continuous Renal Replacement Therapy)の略称です。
持続緩徐式血液濾過(CRRT) は、主に急速に腎臓の機能が低下した急性腎不全等の重症患者に対して適応される治療法です。

持続緩徐式血液濾過(CRRT)の概要

持続緩徐式血液濾過(CRRT) では体外循環により血液を持続緩徐式血液濾器に通し、急性腎不全患者の腎臓にかわり、以下の働きによって病態を改善します。

肺水腫や浮腫の軽減、輸液スペースの確保

血液から水分を除去すること(除水)により、肺水腫や浮腫の症状が改善されます。また、除水により血液中に点滴による薬剤投与のスペース(輸液スペース)を確保します。

電解質バランスのサポート

血液のpH、電解質バランスを速やかにかつ長時間にわたってサポートします。

尿素、クレアチニン等の老廃物及び病態関連物質の除去

血液にたまった尿素、クレアチニンなどの低分子量の老廃物を除去します。さらに、炎症性サイトカインなど分子量2万~3万程度までの中分子量物質も除去します。これらには病態に関連する体液因子が含まれ、その除去が病態改善に役立つと考えられています。

持続緩徐式血液濾過(CRRT)の適応疾患*注

  • 腎不全
  • 重症急性膵炎
  • 劇症肝炎
  • 術後肝不全
  • 急性肝不全

*注:保医発0305第1号・平成24年3月5日より引用

お問い合わせについて

この治療法に関する資料のお問い合わせやご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ダウンロード

This is CRRT

CRRTの原理、臨床的意義、施行方法などについて、イラストを用いてわかりやすく紹介した資料です。

お問い合わせ

製品やサポートに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

製品関連情報

役に立つ関連情報をご覧いただけます。

ページの先頭に戻る