旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

イムソーバ/イムソーバTR イムソーバは、膠原病や免疫性神経疾患の血漿吸着療法のための選択式血漿成分吸着器です 医療従事者向けサイト

特長

世界で初めて実用化された選択式血漿成分吸着器

世界で初めて実用化された選択式血漿成分吸着器です。

吸着リガンドとして、トリプトファン、フェニルアラニンを使用

吸着リガンドとして、トリプトファン(TR-350)、フェニルアラニン(PH-350)を使用しています。

抗アセチルコリンレセプター抗体、免疫複合体、リウマチ因子、抗DNA抗体を吸着

TR-350は抗アセチルコリンレセプター抗体を、PH-350は免疫複合体、リウマチ因子、抗DNA抗体を選択的に吸着します。

血漿製剤の補充を必要としません

血漿吸着療法(PA)は、単純血漿交換療法(PE)や二重濾過血漿交換療法(DEPP)で必要になる血漿製剤の補充を必要としません。このため、血漿製剤に由来する感染性因子やアレルギー反応のリスクを回避できます。

参考データ

吸着性能に関するデータ等をご紹介します。

イムソーバの吸着材は、ポリビニルアルコールゲルからなる多孔質ビーズの担体に、吸着リガンドが結合されています(A)。

吸着リガンドは、トリプトファン(TR-350)もしくはフェニルアラニン(PH-350)で,そのアミノ末端が担体に共有結合されています(B)。

これら吸着リガンドは疎水性側鎖と陰性荷電したカルボキシル基を有しており、疎水結合および静電的結合により、病原性抗体を吸着すると考えられています(C)。

*文献 1)

血液及び血漿流路図

イムソーバを使用した血液および血漿のフロー図です。

除去特性

イムソーバ、イムソーバTRの除去率に関するデータをご紹介します。

お問い合わせ

製品やサポートに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページの先頭に戻る