旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

FAQ

皆さまからよく寄せられる質問とその回答をまとめました。

製品について

Question プラノバは、DMFに登録されていますか?
Answer プラノバ 15N、20N、35N、75Nは、現在、アメリカFDAに登録されております。
プラノバを使用するお客さまの製造認可申請を容易にするために、認可機関への文書提出によって、ドラッグマスターファイルが参照できるようにしています。
Question プラノバ 15N、20N、35N、75Nに使われているセルロースの利点は何ですか?
Answer 膜フィルターとして使われる素材の中では、セルロースが最も親水性に優れておりますので、親水性能を付与するため他の材質で膜を処理する必要はありません。膜の親水性が高ければ高いほど、製剤のタンパク質が膜の表面に吸着される可能性は低くなりますので、高いタンパク質の回収率を実現できます。
Question 特定の孔径や膜面積のプラノバをオーダーできますか?
Answer このようなオプションにはお応えできませんが、プラノバには複数の膜面積がありますのでご希望にあったサイズをお選びいただけます。

ページの先頭に戻る

適用について

Question ヒト免疫不全ウィルス(HIV)、C型肝炎ウィルス(HCV)、その他のウィルスに感染した患者の血液をプラノバを使ってろ過できますか? またそれによって病気の患者を救う事はできますか?
Answer 残念ながら、プラノバでの血液ろ過によって、HIVやHCVウイルスなどによる感染症を治療する事はできません。
ウイルスは体内の特定の細胞を標的に浸入することにより、人に感染します。プラノバはこのような感染した細胞は取り除くことはできません。

ページの先頭に戻る

膜の特性について

Question プラノバろ過後のタンパク質の回収率は?
Answer タンパク質の回収率は、膜の孔径とタンパク質サイズに依存して決まりますが、35Nでは目安として分子量800,000以下、20N及びBioEXでは分子量350,000以下、15Nでは分子量160,000以下のサイズのタンパク質では、95%以上の回収率が期待できます。
実際の製剤の回収率は、製剤の性状やろ過の条件により変動しますので、プロセス液を用いたスケールダウン実験を推奨します。
Question 溶液のpH、温度等のプラノバに与える影響は?
Answer プラノバは、多様な条件下で優れた性能を示す、高い信頼性のあるウイルス除去フィルターです。
製剤のタンパク質に変性を与えない程度の溶液の条件変化であれば、プラノバの構造や組成は変わることはありません。
Question 酸、アルカリやその他の溶剤は、プラノバの性能へ影響しますか?
Answer プラノバ 15N、20N、35N、75Nのろ過膜は、再生セルロースでできており、多くの溶剤に対し耐性があります。プラノバ BioEXのろ過膜は、親水化ポリフッ化ビニリデン(PVDF)でできており、界面活性剤がろ過流速に影響を与えることがあります。
Question プラノバおよび関連製品は代理店販売を行っていますか?
Answer プラノバおよび関連製品はエンドユーザー様に直接販売を行っております。日本における代理店販売は行っておりませんのでご了承ください。

ページの先頭に戻る

お問い合わせ

製品やサポートに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

*プラノバおよび関連製品はエンドユーザー様に直接販売を行っております。日本における代理店販売は行っておりませんのでご了承ください。

お問い合わせ

参考情報

論文請求

多数の論文でプラノバの性能について取り上げられています。

論文請求

ページの先頭に戻る