旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

PLANOVA BioEX

親水化ポリフッ化ビニリデン(PVDF)中空糸フィルター構造

プラノバ BioEXのろ過膜には、親水化ポリフッ化ビニリデン(PVDF)が使用されています。特殊な構造をもつこの膜は、ウイルス除去性能を保ちつつ高濃度なタンパク質溶液を高い流速でろ過することができるため、生物学的製剤の大量製造に適しています。

高圧/高濃度条件下で高い性能

プラノバ BioEXのろ過膜には、高圧高濃度条件下において高い性能を示します。
ろ過圧とろ過流速のすぐれた相関性を示しており、高圧条件下でも両者の比率は変化しません。

ろ過流速は圧力に依存し、圧力が上がると処理速度も上がります。

高いウイルス除去性能

プラノバ BioEXは、現在、自然界で知られているウイルスのうちごく小サイズに属するパルボウイルスを検出限界以下のレベルまで除去する性能を有し、すべてのフィルターはブタパルボウイルス(PPV)の対数除去率が4.0以上であることを確認する検査をうけ、出荷されています。

プラノバ BioEXは大型のウイルス除去にも有効であることが確認され、PPV、MVMなどの小型ウイルス以外にもアベルソンマウス白血病ウイルス(A-MuLV)に対して、対数除去率約5.5を達成しています。

試験溶液:3%h-lgGにウイルス溶液0.5重量%をスパイク
ろ過圧294kPa(42.6psi)で実施

フェルール接続とSIP対応

プラノバ BioEX 4.0m2、1.0m2、0.1m2フィルターは、高圧ろ過での安全性に配慮したフェルール接続を採用し、製造プロセスに容易に組み込めます。
また、プラノバ BioEXはSIP(インライン蒸気滅菌)に対応しており、SIPによって製造ライン全体を無菌に保つことができます。

安定供給・技術サポートについて

益々拡がるプラノバの需要に対応するために、私たちはプラノバの安定供給体制強化に努めています。そして、その販売と技術サポートを、欧州、米国、日本の拠点から世界中に展開しています。

ラボスケールでの評価試験をご希望の方

ラボスケールによる製品評価試験をご希望のお客さまは、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせ

製品やサポートに関するご質問などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

製品関連情報

この製品に関連する記事やデータをご覧いただけます。

参考情報

論文請求

多数の論文でプラノバの性能について取り上げられています。

論文請求

ページの先頭に戻る