旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

潰瘍性大腸炎(UC) (ulcerative colitis)

潰瘍性大腸炎の概要

大腸の粘膜に,びらん(ただれ)や潰瘍を形成する原因不明の慢性炎症性腸疾患です。粘血便、下痢、腹痛、発熱などの症状が反復または連続して見られ、下痢は一日に十数回に及ぶこともあります。

発症は30歳以下の成人に多くみられ、緩解と再発(病状が和らいだり、再び発症したり)を繰り返します。炎症は直腸から始まり大腸全体に及びますが、大腸のX線検査と内視鏡検査などにより、病変の部位と広がりから、全大腸炎型、左側大腸炎型、直腸炎型の病型に分けられます。

大腸内視鏡で検査すると、腸粘膜に発赤、浮腫、出血しやすさがみられ、また血液検査では、体内の炎症反応を示す白血球数や血沈(赤血球沈降速度)、CRP(C反応性タンパク)が高い値を示しています。

潰瘍性大腸炎の治療について

潰瘍性大腸炎の治療は、5-アミノサリチル酸製剤(抗炎症薬)による治療が基本となりますが、十分な効果が得られない場合にはステロイド薬が追加されます。

ステロイド薬の追加によっても効果が得られない難治例の場合、白血球除去療法、免疫調節薬、生物学的製剤などの追加療法が考慮されます。

これらの内科的治療により病態がコントロールできない場合、大腸摘出などの外科的治療が選択されます。

疾患情報サイト

以下のWebサイトでは潰瘍性大腸炎(UC)の詳しい情報提供を行っています。

CCJapan

CC Japan

クローン病と潰瘍性大腸炎の総合サイト

お問い合わせ

弊社に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

医療従事者の方へ

医療・製薬関係者の皆さま

私たちが携わる疾患に適応できる治療法や保険適用に関する情報については、医療従事者専用サイトからご確認いただけます。

医療・製薬関係者の皆さま
病気の治療方法や弊社の医療機器の治療効果、副作用に関するお問い合わせに対しましては、法律の制限でご回答を差し上げられません。医療機関にご相談いただきますようお願い致します。

ページの先頭に戻る