旭化成メディカル
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
  • ホーム
  • 私たちの取り組み
  • ニュース
  • 製品紹介
  • 会社案内
  • 医療・製薬関係者の皆さま
  • 患者さま・ご家族の皆さま

学会セミナー・研究会

医療従事者向けサイト

学会セミナー開催案内

すべての予定を見る
第46回日本血液浄化技術学会学術集会・総会
◆ランチョンセミナー4第46回日本血液浄化技術学会学術集会・総会 ◆ランチョンセミナー4PDFダウンロード
日時: 2019年4月20日(土)12:10~13:10
場所: 第4会場 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6
テーマ: より安全な血液浄化を提供するために ~現場からの発信と製品開発例~
司会: 村上  淳 先生 東京女子医科大学 臨床工学部
演者: 塚本 達雄 先生 田附興風会医学研究所 北野病院
第71回日本産科婦人科学会学術講演会
◆ランチョンセミナー35第71回日本産科婦人科学会学術講演会 ◆ランチョンセミナー35PDFダウンロード
日時: 2019年4月14日(日)12:00~13:00
場所: 第8会場 名古屋国際会議場 2号館2F会議室222+223
〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1-1
テーマ: 婦人科悪性腹水における腹水濾過濃縮再静注法(CART)の意義と実際
座長: 宮城 悦子 先生 横浜市立大学医学部 産婦人科
演者: 長尾 昌二 先生 兵庫県立がんセンター 婦人科
田畑 務 先生 東京女子医科大学 産婦人科
第32回日本自己血輸血学会学術総会総会長シンポジウム(共催セミナーV) 第32回日本自己血輸血学会学術総会総会長シンポジウム(共催セミナーV)PDFダウンロード
日時: 2019年3月9日(土)13:30~14:50
場所: 第1会場 虎ノ門ヒルズフォーラム
〒105-6305 東京都港区虎ノ門1-23-3
テーマ: 自己フィブリン糊
座長: 牧野 茂義 先生 虎の門病院輸血部
演者: 牧野 茂義 先生 虎の門病院輸血部
紺崎 友晴 先生 横浜栄共済病院麻酔科
天本 貴広 先生 久留米大学医療センター臨床検査室
川端みちる先生 東京大学医学部附属病院輸血部
纐纈  衆 先生 宮崎大学医学部感覚運動医学講座顎顔面口腔外科学分野
第46回日本集中治療医学会学術集会
◆教育セミナー(ランチョン)20第46回日本集中治療医学会学術集会 ◆教育セミナー(ランチョン)20PDFダウンロード
日時: 2019年3月2日(土)12:40~13:40
場所: 第8会場 国立京都国際会館 2F Room B-1
〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池
テーマ: 血液浄化法:病態に応じた施工方法の工夫
~血液浄化量設定からECMOとの併用まで~
座長: 垣花 泰之 先生 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 救急・集中治療医学分野
演者: 安部 隆三 先生 千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学
日本医工学治療学会第35回学術大会
◆ランチョンセミナー3日本医工学治療学会第35回学術大会 ◆ランチョンセミナー3PDFダウンロード
日時: 2019年2月23日(土)12:30~13:30
場所: 第4会場 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター1F
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6
テーマ: モニタリング機器を活用した血液浄化療法の今後の展開
司会: 峰島 三千男 先生 東京女子医科大学 臨床工学科
演者: 齋藤 慎 先生 公立富岡総合病院
長尾 尋智 先生 メディカルサテライト岩倉

学会セミナー記録集

学会セミナー記録集一覧へ
第23回日本緩和医療学会学術大会ランチョンセミナー3
―緩和ケアにおける腹水濾過濃縮再静注法(CART)の役割―PDFダウンロード

日本緩和医療学会ガイドライン統括委員会が編集した「がん患者の消化器症状の緩和に関するガイドライン2017年度」が2011年版から6年ぶりに改訂になりました。2011年には、臨床疑問として悪心・嘔吐と悪性消化管閉塞の2つしか挙げられませんでしたが、2017年版には悪性腹水や便秘、食欲不振を加えた5つの臨床疑問で推奨を立てることができました。本日は悪性腹水の治療法の1つである腹水濾過濃縮再静注法(CART : Cell-free and concentrated ascites reinfusion therapy)の位置付けをご紹介します。

講演内容はこちら

第70回日本産科婦人科学会学術講演会ランチョンセミナー26
―婦人科腫瘍における腹水濾過濃縮再静注法(CART)のUP TO DATE―PDFダウンロード

婦人科腫瘍症例ではがんに伴う腹水を診ることがあります。悪性腹水は患者のQOL低下を招き、治療に難渋します。「卵巣がん治療ガイドライン2015年版(日本婦人科腫瘍学会編)」では、「腹水貯留にどのように対応するか?」のクリニカルクエスチョンが設けられています。
本日は本ガイドライン掲載の腹水貯留対応のひとつとしてあげられている腹水濾過濃縮再静注法(CART:Cell-free and concentrated ascites reinfusion therapy)が患者のQOLにどのように寄与しているのか、新しい知見を含めお二人の先生にご講演いただきます。

講演内容はこちら

第55回日本癌治療学会学術集会学術セミナー7
―がん治療への緩和ケアー 早期から終末期におけるCART(腹水濾過濃縮再静注法)を考える―PDFダウンロード

がんと診断された時からの緩和ケア:
がんは診断された時から緩和ケアが始まります。本日は緩和ケアの総論
から、腹水の管理についてご講演いただきます。

PDFダウンロード

婦人科がんにおけるCARTの役割:
本日は婦人科がんにおける腹水コントロールの大事さ、および日本発のCART(腹水濾過 濃縮再静注法)という自己の腹水中アルブミン等の有用成分を戻し、QOL改善に寄与 する非常に有益性の高いシステムをどう治療に取り込んでいくかについて、ご講演いただきます。

講演内容はこちら

第69回日本産科婦人科学会学術講演会ランチョンセミナー10
―腹水濾過濃縮再静注法(CART)の婦人科領域での実際―PDFダウンロード

難治性腹水は患者さんのQOLの低下を招き、われわれ医師も管理に難渋するケースがあります。
本日は、婦人科腫瘍で多くみられる難治性腹水に対するCARTを用いた戦略に関しまして、お二方の先生より、治療早期からのCARTの積極的な使用と、CARTを用いた治療戦略について 新しい知見を含めご紹介いただきます。
講演1では、溝上友美先生による関西医科大学で施行された90回に及ぶ多くの臨床経験から、 CARTに関する自施設での報告をいただきます。つづいて講演2では、荒川敦志先生によるCARTに関する製造販売業者自主的な市販後調査解析結果の紹介ならびに、名古屋市立大学で施行されたCARTと化学療法の併用状況、発熱と腹水中のIL-6の関係についてのご報告です。

講演内容はこちら

関連学会スケジュール

国内や海外で開催される関連学会の開催スケジュールをご覧いただけます。

ページの先頭に戻る