用語解説 top page
潰瘍性大腸炎という病気/CONTENTS
1 潰瘍性大腸炎とは
発症の原因
潰瘍性大腸炎の患者さん
病変の範囲と病期の分類
潰瘍性大腸炎の合併症
潰瘍性大腸炎は難病指定です
2 潰瘍性大腸炎の治療
内科的治療(薬物による治療)
外科的治療(手術による治療)
新しい治療
3 日常生活について
食生活について
1 潰瘍性大腸炎とは
潰瘍性大腸炎とは、何らかの原因により、大腸の粘膜に炎症が起こり、びらん(ただれ)や潰瘍ができる病気です。
炎症は通常、肛門に近い直腸から始まり、その後、その奥の結腸に向かって炎症が拡がっていくと考えられています。腸に起こる炎症のために、下痢や粘血便(血液・粘液・膿の混じった軟便)、発熱や体重減少などの症状があらわれます。病状は、おさまったり(寛解期)、悪化したり(活動期)を繰り返すことが多く、長期にわたって、この病気とつきあっていくこともあります。
●発症の原因
潰瘍性大腸炎は、厚生労働省の特定疾患調査研究班により病気の研究が進められていますが、なぜ病気が起こるのか今だに原因がはっきりと分かっていません。
最近の有力な説として、自己免疫機序など免疫異常がその原因となっているのではないかと考えられています。
人間の身体には、外から異物が侵入した際に、それを排除しようとするしくみ(免疫機能)が備わっています。腸管にもこの免疫機能がはたらいていますが、この免疫機能に異常が生じると自分自身の粘膜をも異物とみなし、これを攻撃して傷つけようとしてしまいます。その結果、粘膜に炎症が起こります。異物を排除するために異常にはたらく免疫機能が活発化すると、白血球が過剰にはたらき、本来ならば異物を処理するための物質を放出しつづけるため、持続する炎症が起こるのです。
ただ、この免疫説も決定的ではなく、炎症が起こるしくみとしては有力な説ですが、なぜ免疫機能の異常が起こるのか潰瘍性大腸炎の発症のメカニズムは、まだ明確には分かっていません。
●潰瘍性大腸炎の患者さん
潰瘍性大腸炎は、原因が不明なため根本治療が確立されていませんが、最近の治療法の進歩により、多くの方が通常の日常生活を送れるようになってきました。

以前はとてもめずらしい病気で、患者さんの数もごくわずかでした。しかし、その後患者数は増え、平成20年には10万人を超えています。(厚生労働省調べ)
患者さんの発症率に性別の差はなく、ほぼ1:1の割合です。発症年齢もあらゆる年代に分布していますが、30歳代をピークに20〜50歳代に多く分布しています。


潰瘍性大腸炎の患者数の推移(日本)
潰瘍性大腸炎の患者数の推移(日本)

潰瘍性大腸炎の推定発症年齢
潰瘍性大腸炎の推定発症年齢
●病変の範囲と病期の分類
病変の範囲
潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に広く浅く炎症が生じ、びらんや潰瘍ができる病気です。
肛門に近い結腸は、ほとんどの患者さんで炎症がS状結腸→下行結腸→横行結腸→上行結腸、のように上行性に炎症が拡がっていくことがあり、炎症がびまん性に見られるのを特徴とします。
大腸は内側から粘膜層、粘膜下層、筋層、漿膜から成り立っています。潰瘍性大腸炎は、このうちの粘膜層、粘膜下層を中心に炎症が生じ、重篤になると潰瘍が筋層に達することもあります。
●潰瘍性大腸炎の合併症
潰瘍性大腸炎を発症すると、下痢や腹痛、粘血便などの大腸の局所症状に、発熱や吐気・嘔吐、頻脈、貧血などの全身症状が起こる場合もあります。
さらに、さまざまな合併症もみられます。
潰瘍性大腸炎の合併症には、腸管に起こる腸管合併症と腸管以外の部分に起こる腸管外合併症があります。

腸管合併症
大腸からの大出血、穿孔、中毒性巨大結腸症などがあり、病状がきわめて重篤な場合に起こりますが、めったにみられません。

腸管外合併症
結節性紅斑、壊疽性膿皮症などの皮膚症状、結膜炎や虹彩炎などの眼症状、関節痛、関節炎などがあります。ほかにも、口内炎、膵炎、肝機能障害、肺機能障害などが起こることがあります。
●潰瘍性大腸炎の合併症
潰瘍性大腸炎は、1973年より厚生労働省の特定疾患治療研究対象疾患(難病)のひとつに指定されています。
潰瘍性大腸炎と診断された場合、保健所で決められた手続きをとると、特定疾患医療給付制度が適応され、医療費の援助を受けることができます。

申請方法については、患者さんの住所地を所管する保健所にご相談ください。


保険所での手続き
* この公費負担制度は、申請の手続きをしてから有効です。
* 潰瘍性大腸炎の診断がついたら、できるだけ早く手続きをするとよいでしょう。
次へ→
潰瘍性大腸炎という病気/1 潰瘍性大腸炎とは/2 潰瘍性大腸炎の治療/3 日常生活について
top page

>>潰瘍性大腸炎に関してのより詳しい情報は特設サイト「UC WAVE ONLINE」へ
top page 2 潰瘍性大腸炎の治療 3 日常生活について 1 潰瘍性大腸炎とは