UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の現場紹介
Action
The Hospital
藤田保健衛生大学病院  
軽症・中等症のUC患者さんが近年急激に増えました
――はじめに、訪れるUC患者さんの傾向を教えていただけますか。
中野教授 近年、潰瘍性大腸炎(UC)やクローン病の患者さんは急激に増え、診療の機会が多くなったと実感してます。当施設の外来患者さんの約1割が慢性炎症性腸疾患の患者さんです。ただ以前に比べると重症者は少なくなり、逆に軽症・中等症の患者さんが非常に多くなりました。
――治療についてお聞かせください。
中野教授 当施設のUC治療は、まずステロイドを中心とした薬物療法、外科療法、そして2001年から白血球除去療法(LCAP療法)などを組み合わせて行っています。さらに、食事等の日常生活指導、インフォームド・コンセントに基づいた精神的なフォローまでも含む総合的なアプローチを目指した治療を基本としています。また近年、UCからのがん発症も問題になっているため、早期発見のためのX線検査や内視鏡検査も怠らないようにしています。
●食事指導の基本スタンス
当院の食事指導は、刺激物は避けますが、それ以外は特に制限を設けません。UCは、大腸の疾患で小腸は健康です。だから普通の食事で大丈夫、よく噛んで腹八分目までにすれば消化吸収は十分行われます。
2. LCAP療法は内科的治療と外科的治療の中間に位置する治療法
▲