UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の現場紹介
Action
The Hospital
LCAP療法がつくる新しいUC診療体制
連携先 横浜第一病院
“治りたい”という患者さんの気持ちをバックアップ
―― 横浜第一病院に紹介されてきた患者さんには不安感などはありませんか。

千葉院長 UCの患者さんには学生の方や働き盛りの方が多く、“学校や仕事を休みたくない”、“少しでも自分の生活の質を上げたい”という患者さんの強い思いを感じることが多々あります。普通ならさまざまな治療機器を見てびっくりすると思うのですが、そこで恐怖感をもたれる患者さんは思ったよりも少ないです。主治医の先生からLCAP療法の効果について説明を受けており、期待をもって治療に臨まれているのだと思いますし、LCAP療法施行については、私たちを血液浄化療法のプロフェショナルな集団と認めていただいているようです。患者さんはそれほど緊張することなく、リラックスされています。

鈴木さん 臨床工学技士
鈴木さん 臨床工学技士
鈴木さん LCAP療法施行の際、十分な血流量を確保できない場合は穿刺をやり直さなければなりません。しかし、患者さんは決して嫌な顔をされません。患者さんの“治りたい”という強い気持ちが、不安感を克服しているのだと思います。このような患者さんの気持ちを思うと、“何とか治療の手助けをしたい”という思いが湧きます。

千葉院長 当施設の血液透析は、月〜土曜日の9〜13時と17〜21時にスケジュールを組んで行われており、LCAP療法の施行は10時もしくは14時が最も対応しやすい時間です。連携の際に、特別に要望しているわけではないのですが、連携元の病院でもLCAP療法施行の時間を理解、考慮してくれていることも、スムーズな連携を可能にしていると思います。紹介されたその日にすぐにLCAP療法を開始したいという方も結構いらっしゃいますので、可能であれば対応しています。

4. LCAP療法についてはおまかせください
▲