UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
快適なUC治療のために
Vitality
Relaxation
香りでリラックス
日本の伝統文化「お香」のパワー

イメージ 元祖 日本のアロマテラピーともいえる、日本伝統の香りのリラックス法が「お香」です。お香には、直接火をつけて香り立たせるものと、灰にうずめた炭火の熱で間接的に熱を加えて香り立たせるものがあります。前者は、線香が代表的。スティック型、コーン型、コイル型などがあり気軽にどこでも楽しめるのが魅力でしょう。後者は、線香などの原料でもある香木(こうぼく)そのものをたいて香りを楽しみます。香木をたく作法は「香道」として室町時代に遡る茶道、華道と並ぶ日本の伝統芸道で、流派もあります。香道では、香りは嗅ぐのではなく「聞く」といい、茶道と同じく「手前」ではじまり「六国五味」と呼ばれる香木の原産地や香りの種類を当てたりする、「香席」が行われます。他にも組み合わせたお香の種類を当てる「組香」など、楽しみ方はさまざま。優雅で奥深い「大人の遊び」ともいわれます。とはいっても単なる楽しみではなく、漢方薬の材料としても用いられるなどその香りのもつ効用は、6世紀、推古天皇の古墳時代から珍重されてきました。


<リラックスしたいときのお香>
・沈香…丁花科の木に真菌が作用して樹脂化したもので、一定の自然条件のもと生成される天然香木。
・乳香…ニュウコウジュ(カンラン科)の樹皮の樹液が原料。甘い心を落ち着かせる香りが特徴。エッセンシャルオイルのフランキンセンスの原料でもある。


 お香も、エッセンシャルオイル同様、たくさんの種類の香りがあります。もともと原材料のほとんどは、日本ではなく中国・東南アジアが原産地で、お線香の香りを和の香りとすれば、エスニックやスパイシーな香りのものもあります。香り選びのポイントは、やはり「好きな香り」を選ぶことがいちばんです。

3. 香り雑学1:香りの歴史は人類の歴史
▲