UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の最新の話題
Wisdom
潰瘍性大腸炎(UC)の発症メカニズムの解明と最新治療
UC治療の将来展望

 UCの病態解明が進むとともに、治療薬の研究や開発も大きく進展しています。
 免疫抑制剤については、現在、日本ではazathioprine(AZP)、6-mercaptopurine(6-MP)が主に用いられていますが、近年になり欧米ではより強力な免疫抑制作用を有する薬剤の効果が続々と報告されています。また、緩解期維持のための治療法として、善玉の腸内細菌を増やし、悪玉の腸内細菌が腸の粘膜に取りついて炎症を起こさせないようにするプロバイオテクスという治療法が欧米で大きく注目されています。これは、回腸のう炎の予防にも効果があるとされています。クローン病においては炎症に深く関与しているサイトカインのひとつのTNF-αというものに作用する薬剤を用いた抗サイトカイン療法と呼ばれる治療がはじまりました。UCにおいても、今後は、これらのサイトカインや遺伝子などをターゲットにした薬剤の開発が進むと思われます。

 

 

 

 

Wisdom トップページへ