UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の最新の話題
Wisdom
白血球除去療法に期待される役割
白血球除去療法─免疫反応の悪循環を遮断して炎症の沈静化をはかる治療法

 UCは活性化した白血球が腸粘膜に侵入し、炎症を起こすと考えられています。炎症を起こす白血球は慢性的に活性化されていると考えられており、さまざまな炎症物質を放出し続けます。このような免疫反応の悪循環を遮断して、炎症の沈静化をはかり病態を改善させる治療法が白血球除去療法です。
 白血球除去療法には、白血球除去療法(LCAP)、顆粒球除去療法(GCAP)、遠心分離法があります。

・白血球除去療法(leukocytapheresis:LCAP療法)
           →膜による吸着:単球、リンパ球、顆粒球の除去
・顆粒球除去療法(granulocytapheresis:GCAP療法)
           →ビーズによる吸着:顆粒球、単球の除去
・遠心分離法→細胞の比重による分離:顆粒球、単球、リンパ球の除去

 厚生労働省の「潰瘍性大腸炎治療指針改訂案(2002年版)」 (P1) では、重症・難治例に対する白血球除去療法の使用が新たに加えられました。

4. ステロイド抵抗性・依存性の患者さんへの新たな選択肢