UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の最新の話題 バックナンバー
Wisdom
白血球除去療法に期待される役割
日比紀文先生

 これまでの潰瘍性大腸炎治療では、重症の患者さんやステロイドの効かない患者さんには、最終手段として外科手術が選択されてきました。しかし、近年これらに対する白血球除去療法の有効性がほぼ確立し、症例によっては手術回避も可能と考えられるようになってきています。
 そこで今回は、日本人では唯一のIOIBD(International organization of IBD)会員で、白血球除去療法に積極的に取り組んでいる慶應義塾大学内科学教授の日比紀文先生に、潰瘍性大腸炎治療における白血球除去療法の役割についてお話をうかがいました。

IBD: Inflammatory bowel disease:/炎症性腸疾患
潰瘍性大腸炎(UC: Ulcerative colitis)やクローン病(CD: Crohn's disease)などの総称。

 

慶應義塾大学医学部内科学教授/
同、包括先進医療センター所長
日比紀文先生
UC治療の羅針盤―「潰瘍性大腸炎治療指針改訂安」
活動期の緩解導入療法と緩解期の緩解維持療法
白血球除去療法─免疫反応の悪循環を遮断して炎症の沈静化をはかる治療法
ステロイド抵抗性・依存性の患者さんへの新たな選択肢
白血球除去療法にかかる期待