UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の最新の話題
潰瘍性大腸炎治療指針改訂案のポイント〜平成15年度研究報告に基づく改訂〜
ポイント1:「難治例」の定義の変更

 「難治例」とは、治療指針案にしたがって治療を行っても緩解期へと導くことができない、あるいは炎症症状が再燃してしまったケースを指します。
 今回、治療のあり方を見直すにあたって、研究班では難治例の定義を改めて検討しました。
 難治例は、副腎皮質ホルモン製剤(ステロイド)による療法を行っても改善が認められないケース(ステロイド抵抗例)と、ステロイド療法を終えようとすると炎症症状が再燃してしまいステロイドによる療法から離脱できないケース(ステロイド依存例)に大別されますが、これまでの治療指針案ではそれぞれについて明確な治療指針は示されていませんでした。今回の改訂では、UCの難治例はステロイド療法を中心に考慮されるべきであるとされ、治療指針案もステロイド抵抗例とステロイド依存例を明確に分けて提示されました。

表  難治性潰瘍性大腸炎の定義の変更

3. ポイント2:ステロイド「抵抗例」「依存例」への治療指針案を再構築