UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の最新の話題
Wisdom
外科的治療領域における白血球除去療法への期待
安全性高く増悪時期をうまく乗り越える選択肢の一つとして期待

 かつては、UC治療は選択肢が少なく、ステロイドの副作用を承知で使わざるを得なかったり、外科治療にも難渋する場面が少なくありませんでした。しかし、現在はLCAP療法をはじめ治療法の幅が広がり、内科と外科の情報交換も密に行われるようになってきていることから、患者さんの状態に合わせたより適切な治療法の選択が行われるようになっています。
 私たちの施設では、LCAP療法は中等症以上のUC患者さんを対象にしています。性別によらず若年・青壮年での発症傾向が高い病気ですから、LCAP療法の施行対象も必然的に若い患者さんが中心になっています。
 また、LCAP療法はこれまでに軽い頭痛やめまい以外に重篤な副作用は報告されておらず、安全性が高い治療法だと考えます。さらに、入院せずに外来で施行できるという大きなメリットもあります。
 長年のUC診療を通し、UC患者さんの症状が非常に悪くなる時期というのは限られているように感じています。この増悪時期をLCAP療法などによりうまく乗り越えることができれば、後は比較的良好な状態を保つことができる患者さんもいるのではないかと考えています。
 ただし、現段階ではLCAP療法により手術を回避することが可能だとは断言はできませんが、LCAP療法が非常に有効な患者さんとそうでない患者さんがいることが明らかになってきました。今後の研究で、どのような患者さんにLCAP療法が有効なのかが確実に示されれば、より効果的な治療が行われるようになると期待しています。

4. 患者さんへ――まず病気を冷静に受け止め理解することから