UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の最新の話題
Wisdom
潰瘍性大腸炎における効果的な治療選択
LCAP療法の治療効果判定のための指標

治療選択肢が増えるにしたがい、それぞれの治療をより効果的に使用するために、治療効果を判定する指標が求められるようになってきました。つまり、「どの薬、あるいは治療法を、いつ使用し、効果はどうか、そしていつまで使用を継続するのか」ということを適切に“見極める”ことが、より効果的な治療を実現するために必要になってきたのです。

その“見極め”を可能にする指標として、仲瀬先生が研究を進めているのが血液中のマーカーです。このマーカーの発現の程度を、LCAP療法の治療効果を判定する指標とすることができるかもしれないと期待されています。このように、LCAP療法をはじめ他の治療法においても、治療効果の判定ができる指標が開発され、日常的に使用できるようになれば、「患者さんの状態に応じた、より効果的な治療選択が可能になります」と仲瀬先生は話されました。

●マーカー

病気の状態や生理的な状態を示す物質のことです。例えば、体に腫瘍があることを示す物質を腫瘍マーカーとよんでいます。

4. 効果的な治療選択を目指して