UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の最新の話題 バックナンバー
Wisdom
潰瘍性大腸炎の過去、現在、そして未来

[出席者]

日比紀文先生
日比 紀文(ひび としふみ) 先生
慶應義塾大学医学部
内科教授

澤田康史先生
澤田 康史(さわだ こうじ) 先生
生駒内科・消化器内科
クリニック院長

2011年10月、白血球除去療法は保険適用から10年を迎えます。保険適用からの10年で白血球除去療法に関するさまざまな知見が収集され、2006年にはUCの診療ガイドラインへ組み込まれ、現在、白血球除去療法は外来で広く施行されています。今回は、日本の炎症性腸疾患(IBD)治療の第一人者でいらっしゃる慶應義塾大学医学部内科 教授 日比 紀文先生と、世界で初めてUC治療に白血球除去療法を用いた生駒内科・消化器内科クリニック 院長 澤田 康史先生のお二人に、白血球除去療法の開発の歴史、白血球除去療法によるUC治療の現状や将来展望について話し合っていただきました。

開発期:最初の白血球除去療法施行患者の著明改善により白血球除去療法の開発が本格化
保険適用:日本で開発された画期的な治療法として評価
進展期:10年間のUC診療の進歩と白血球除去療法の作用機序解明
位置付け:“より早期に頻回の施行へ”と変化してきた白血球除去療法の位置付け
インテンシブ療法:より積極的な白血球除去療法を可能にするインテンシブ療法
将来展望:小児UC治療におけるファーストライン治療化への期待
患者さんへのメッセージ
▲