UC WAVE ONLINE
トップページへ
Wisdom
Action
Vitality
My experience
Voice & Voice
  Relaxation  
  Cooking  
Effect
UC関連のリンク集
旭化成メディカル株式会社
UC-WAVE
CC Japan LCAP療法 医療機関検索
UC治療の最新の話題
Wisdom
これからの潰瘍性大腸炎とLCAPが果たす役割―有効性と安全性のバランスからみたLCAPへの期待と展望―
難治性UCの治療戦略

●LCAPは難治性UCに対する治療法として豊富な臨床実績を有している治療法

===『潰瘍性大腸炎治療指針(平成23年度潰瘍性大腸炎治療指針:内科)』では、ステロイド抵抗例とステロイド依存例を難治性UCとして定義しています。難治性UCに対する治療法は、実臨床においてどのように使い分けられているのでしょうか?

 UC治療の基本薬は、5-アミノサリチル酸(5-aminosalicylicacid: 5-ASA)製剤ですが、十分量の5-ASA製剤でも炎症を抑制できない場合、副腎皮質ホルモン製剤(ステロイド)を使用します。治療指針では、中等症は少なくとも30〜40mg/日、重症は1.0〜1.5mg/kg/日を1〜2週間使用しても明らかな改善が得られないケースをステロイド抵抗例と定義し、LCAPをはじめとするCAP、タクロリムス(経口)、インフリキシマブ(点滴静注)のいずれかを選択することを推奨しています。

 私は、この3つの治療法の中で、まずは安全性の高いCAPの使用を考えます。CAPの適用症例としては、比較的治療効果の期待できる@罹病期間が短い症例、Aステロイド使用期間が短い症例、B内視鏡的に深掘潰瘍がない症例、C副作用に神経質な症例、などがあると考えます(図1)※1。さらに、施設内にCAPの治療体制が整っていることもCAP適用のポイントになります。

図1:潰瘍性大腸炎難治例における各種治療法の選択

  これらの条件に該当しない場合、例えば、深掘潰瘍がある症例や、短期間で炎症を抑制する必要がある症例などは、患者の臨床背景や各施設の医療体制に応じてタクロリムスやインフリキシマブの選択を考慮します。

  いずれにせよ、CAPが最も使い慣れており、安全に施行できるという観点から、CAPで寛解導入が可能な症例と判断した場合は、CAPを第一選択とする治療戦略があると思います。

  ステロイド依存例に対しては、治療指針ではアザチオプリン、6-MP(保険適用外)のいずれかを選択できることが記載されています。ステロイド依存例の多くは、ステロイドを10〜15mg/日まで減量した時点で再燃する場合が多いため、過去にステロイド減量中に再燃の既往のある症例では、早めにアザチオプリンを加えることにより、ステロイド減量時に効果を発揮することが期待できます。

参考文献 ※1 長沼 誠ほか:「炎症性腸疾患の内科的治療戦略 重症・難治性炎症性腸疾患の治療戦略」 日本臨牀 70(増1):286-293, 2012

2. UCの内科的治療で注意を必要とするポイントとは?