潰瘍性大腸炎の治療

監修:北里大学北里研究所病院
炎症性腸疾患先進治療センター
センター長 日比 紀文 先生

潰瘍性大腸炎には、薬物による内科的治療法と手術による外科的治療法があります。
さらに体外循環により血液中から血球成分を取り除く血球成分除去療法があります。

内科的治療(薬物による治療、体外循環による治療)

潰瘍性大腸炎の治療で用いられる薬剤
5‐アミノサリチル酸
(5-ASA)製剤
サラゾスルファピリジン(経口・坐)
メサラジン(経口・坐・注腸)
ステロイド薬 プレドニゾロン(経口・注射)
ベタメタゾン(経口・坐・注射)
リン酸プレドニゾロンナトリウム(注腸)
リン酸ベタメタゾンナトリウム(注腸)
免疫調節薬 アザチオプリン(経口)
6-メルカプトプリン(経口)*
タクロリムス(経口)
シクロスポリン(経口・注射)*
生物学的製剤 インフリキシマブ(注射)
アダリムマブ(皮下注射)
血球成分除去療法 白血球除去療法(LCAP療法)
顆粒球除去療法(GCAP療法)
遠心分離法

*潰瘍性大腸炎での保険適用はありません。

潰瘍性大腸炎の治療は、症状が悪化している活動期に行う「寛解導入療法」と炎症が落ち着いている寛解期に行う「寛解維持療法」で治療の目的が異なります。

寛解導入療法:活動期に大腸の炎症を抑えて、下痢や粘血便などの症状を緩和するための治療
寛解維持療法:炎症のない状態である寛解期を長く維持するための治療

※その他に、整腸薬、下痢止め、腹痛止め、抗生物質、抗アレルギー薬、漢方薬なども用いられます。

5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤とは?

潰瘍性大腸炎の第一選択薬として広く用いられ、腸の中で局所的に働き炎症を抑えます。サラゾスルファピリジン(SASP)は大腸で有効成分5-ASAとスルファピリジン(SP)に分解されます。

メサラジンは5-ASAだけで作られており、小腸から大腸で徐々に薬が放出されます。副作用としては、下痢、腹痛、吐き気、発疹、頭痛などがあります。

ステロイド薬とは?

副腎という臓器から分泌されるホルモンの一種で、人間が本来持っている物質です。

リンパ球の働きを抑え、炎症を強力に抑制する作用があることから、自己免疫疾患の治療薬として広く用いられています。しかし、使い始めるとやめることが難しく、長期間もしくは大量に投与すると、重い副作用や副作用による別の病気が起こることがあります。

ステロイド薬のおもな副作用

  • 顔がむくむ(満月様顔貌・ムーンフェイスなどと呼ばれています)
  • 皮膚症状(にきび・多毛症・しっしんなど)
  • 精神症状(イライラ・不眠・うつ・軽い興奮状態など)
  • 眼症状(緑内障・白内障など)
  • 骨粗鬆症
  • その他(血圧上昇・筋力低下・かぜなどの感染症にかかりやすくなるなど)
免疫抑制薬とは?

本来、臓器移植後の拒絶反応を抑える目的や白血病の治療で用いられる薬です。

臓器移植では、移植された他人の臓器を異物として認識し、排除しようとする免疫反応(拒絶反応)が起きます。一方、潰瘍性大腸炎では免疫反応が自身の臓器を攻撃してしまうと考えられ、この免疫反応を抑えるために免疫抑制薬が用いられるようになりました。

副作用のあらわれる可能性が比較的大きいため、定期的に診察や検査を行うことが大切です。

免疫抑制薬のおもな副作用

アザチオプリン、6-メルカプトプリン
 …下痢、吐き気、食欲不振、体がだるい、発熱、脱毛、白血球減少など

タクロリムス、シクロスポリンン
 …尿量が減る、むくみ、高血圧、のどの渇きなど

血球成分除去療法とは?

血球成分除去療法は、従来の薬物に対する治療とは異なり、体外循環による血液中の白血球や血小板を取り除き、炎症をすみやかに鎮める治療法です。(こちらのページで詳しく説明しています)

生物学的製剤とは?

潰瘍性大腸炎患者さんは、炎症のもととなるTNF-αという物質が過剰に発生し、腸に炎症を起こします。生物学的製剤は、このTNF-αが炎症を起こす作用を抑制するお薬です。

抗TNF-α抗体製剤とも呼ばれており、インフリキシマブアダリムマブの2種類があります。潰瘍性大腸炎の治療に優れた効果を示しますが、感染症などの副作用に注意する必要があります。

外科的治療(手術による治療)

潰瘍性大腸炎の手術には、手術を行わないと命にかかわるような場合(絶対的適応)とQOL(日常生活)を考えると手術を行った方がよい場合(相対的適応)の2つの適応があります。

絶対的適応(大腸癌の合併を除く)は緊急手術になることが多く、手術を何回かに分けて行う場合もあります。待機手術では 回腸嚢肛門吻合術 かいちょうのうこうもんふんごうじゅつ (IAA)または 回腸嚢肛門管吻合術 かいちょうのうこうもんかんふんごうじゅつ (IACA)が標準術式となっています。

潰瘍性大腸炎の手術適応
絶対的適応 (1)大出血 緊急手術
(2)穿孔(腸管に穴があいてしまうこと)
(3)中毒性巨大結腸症
(大腸内に毒素やガスがたまってふくらんでしまう状態)
(4)内科的治療が無効な劇症例・重症例
(5)大腸癌またはその疑い 待機手術
相対的適応 (6)入退院を繰り返す難治例
(7)副作用のためステロイドなどの薬剤を使用できない場合
(8)重症の全身合併症、腸管合併症
手術後の経過

大腸の主な機能は消化吸収された残渣(いらないもの)を固めて便をつくり、水分を吸収することですが、なくても生命に支障はありません。

多くの場合、手術後は薬の服用を中止でき、日常生活(食事、仕事、趣味)の制限はなくなります。しかし、予後については必ずしも完治とはいかない場合もあります。

回腸嚢炎 かいちょうのうえん (回腸嚢に発生する原因不明の炎症)や発癌のリスクもあり、根治に向けたさらなる治療法の開発が期待されています。

ホーム

潰瘍性大腸炎について
潰瘍性大腸炎とは
潰瘍性大腸炎の患者数
潰瘍性大腸炎の発症年齢
潰瘍性大腸炎の病気の範囲
潰瘍性大腸炎の合併症
潰瘍性大腸炎の治療
潰瘍性大腸炎の日常生活
潰瘍性大腸炎の難病指定について
白血球除去療法(LCAP)について
血液の成分とはたらき
LCAP療法とは?
LCAP療法のしくみ
LCAP療法の方法
LCAP療法の効果と副作用
LCAP療法の保険適応について
QOLの向上を目指して
~私たちの取り組み
特集
今日からできる!
みんなでうれしいレシピ
ご参考
用語解説
患者さん向け冊子
支援団体や患者会サイトへのリンク

お問い合わせ

本サイトは、患者さまとそのご家族の方への情報提供を目的にしたサイトです。治療法の実施については医療機関にご相談ください。

ページの先頭に戻る