電力

電力

原子力発電では大量の純水が使われ、放射能を帯びた鉄クラッドを除去して循環利用するためにマイクローザを採用。また、火力発電にもメイクアップ水精製や排水の再利用化などを目的とした導入が広がっています。

メイクアップ水精製・復水処理

私たちの日々の生活を支える電気

原子力発電所は世界の電力需要の一翼を担っています。 原子力発電は、火力と比べCO²の排出が少なく環境問題には適合していますが、一方で放射性物質を発生させます。マイクローザMFは、原子力発電の復水中の放射性鉄クラッドの除去や、放射性廃水の処理に用いられています。 また、最近では火力発電のメイクアップ水精製や復水処理にも用途が広がっています。

システムフロー 適用例

BWR型原子力発電所の水処理フローと膜の適用箇所

システムフロー 適用例

使用分野ショートカット




ページ上部へ