マイクローザロゴ

導入事例

世界最大規模のMBRによる排水処理設備を中国の石油精製及び化学排水処理施設で採用世界最大規模のMBRによる排水処理設備を中国の石油精製及び化学排水処理施設で採用

1.中国海南島、2.中国大亜湾

本プロジェクトは我が社にとって海外初のMBR(膜分離活性汚泥法)の実績です。この排水処理設備は石油精製及び化学廃水を処理し、工業用水に再利用出来ることを実現しました。中国国内においても、化学廃水をMBRシステムで処理することは初めての試みであり、中国全土から注目されている技術です。2006年8月の運転開始以降順調に稼働しています。

写真1:Pittsburgh浄水場

プロジェクトの概要(1.中国海南島)

名称:
中国海南島 プロジェクト
稼動開始:
2006年8月
場所:
中国海南省洋浦経済開発区
施工業者:
中石化(SINOPEC)海南実華煉油化工有限公司
用途:
石油精製及び化学廃水の処理による工業用水への再利用
処理能力:
10,800m³/日(MF 生産水量として)
MF膜仕様:
マイクローザMUNC-620A(0.1μm、PVDF製、25m²)

プロジェクトの概要(2.中国大亜湾)

名称:
中国大亜湾 プロジェクト
稼動開始:
2006年8月
場所:
中国広東省恵州市大亜湾経済開発区
施工業者:
恵州大亜湾清源環保有限公司
用途:
石油精製及び化学廃水の処理による工業用水への再利用
処理能力:
25,000m³/日(MF 生産水量として)
MF膜仕様:
マイクローザMUNC-620A(0.1μm、PVDF製、25m²)

システムフロー

ウィンドウを閉じる