マイクローザロゴ

導入事例

水質、メンテナンス性と経済性を高い次元で両立!!水質、メンテナンス性と経済性を高い次元で両立!!

サンパトリシオ浄水場膜ろ過設備

アメリカのTexas州Ingleside市にあるSan Patricio浄水場(写真1)は、約37,500m³/dの上水道と約22,700m³/dの工業用水を凝集沈殿ろ過処理して配水している。今回の膜ろ過設備は、新たに化学プラントのコジェネ用水及び上水道のバックアップ用として、化学会社とIngleside市で共同で建設した約29,500m³/dの施設である。アメリカでは水質、メンテナンス性はもちろんのこと、最近では設備費の面でも従来法と比べて膜ろ過法の優位性が出るようになり、急速に広まりつつあるが、本件も事前のパイロットテストの結果及び経済性等が検討された結果、膜ろ過法が導入された。

システムフロー

ウィンドウを閉じる