マイクローザロゴ

導入事例

クリプトスポリジウムの除去、水質問題を解決クリプトスポリジウムの除去、水質問題を解決

ピッツバーグ浄水場膜ろ過設備

アメリカのペンシルバニア州Pittsburgh市にあるPittsburgh浄水場(写真1)は、約75,700m³/dの膜式浄水施設である。本設備に膜ろ過が採用された背景は昨今アメリカで重要な水質問題となっているクリプトスポリジウムの除去が目的であり、事前のパイロットテストの結果及び経済性等が比較検討された結果、本膜ろ過法が導入された。

システムフロー

ウィンドウを閉じる