Q&A

Q&A

マイクローザモジュール&システムに関するよくあるご質問をまとめています。
下記の分野ごとにご確認ください。

医薬・食品・一般工業分野

Question

モジュールの購入方法はどうしたらよいのでしょうか?

 

ペンシル型モジュール及びラボモジュール(主に実験用)は下記の代理店経由で販売しております。

販売代理店名 お問い合せ電話番号
フナコシ(株) 東京:03-5684-1616
アドバンテック東洋(株) 東京:03-5981-0617

尚、プラント用モジュールのご購入に際しては弊社営業担当に直接お問い合わせください。

Question

簡単に実験する方法はどうしたらよいのでしょうか?

 

ペンシル型モジュール及びラボモジュールの各種取扱説明書をご参照下さい。詳細は弊社営業担当に直接お問い合わせください。

Question

モジュールサイズの使い分けはどうしたらよいのでしょうか?

 
モジュールサイズ 処理能力
ペンシル型モジュール *1 数百ml(ビーカースケール)
ラボモジュール *2 数十リットル
プラント用モジュール 数百リットル以上

*1:ペンシル型モジュールの位置付けは分離性能(対象物が分離できるかどうかの確認)の把握です。
*2:ラボモジュールはスケールアップ時のエンジデータ取得が主目的です。

Question

具体化テーマがありテストを行いたいのですがどうしたらよいのでしょうか?

 

各用途別ヒアリングシートにご記入の上、ご返信頂いたものを技術的見地、経済性etc.の観点からご相談させて頂きます。ラボテストの方法としては弊社(富士)にて行う(有償)ケースとお客様にて実施頂くケースがあります。

医薬・食品/化学工業専用フォームへ

ページ上部へ

水道分野

Question

水道用途で公に認められている膜モジュールですか?
(溶出などの安全性は確認されていますか?)

 

上水道に適用するモジュールについて膜分離技術振興協会の水道用膜モジュール規格(AMST規格)を取得しています。詳しくは弊社営業担当に直接お問い合わせいただくか下記のHPをご参照ください。

膜分離技術振興協会ホームページ

Question

水道技術研究センターの装置認定は取得していますか。

 

自社も含め多数の水処理プラントメーカーが、弊社の水道に適用するモジュールに関する装置認定を取得しています。詳細は弊社営業担当に直接お問い合わせください。

Question

JWRC仕様(標準化膜モジュール)に適合していますか?

 

MF膜モジュール(型式:UNA-620AS)はJWRC仕様認定取得しました(2006年)。詳しくは弊社営業担当に直接お問い合わせいただくか下記のHPをご参照ください。


膜分離技術振興協会ホームページ

Question

水道用途では、MFとUFはどちらがよいのですか?

 

一般に、処理水質や、クリプトスポリジウムの除去性能は、UFでもMFでも相違がありません。膜の透過水量や膜寿命等を考慮して、より経済性の高いものを選択することをお勧めします。詳細は弊社営業担当に直接お問い合わせください。

ページ上部へ

排水・下水分野

Question

平膜MBRと中空糸膜MBRの違いは何ですか?

 

平膜には、活性汚泥の中で長時間使って汚れがたまった場合、取り出してスポンジで洗うことができるという特長があります。一方、中空糸膜の最大の特長は、設置面積あたりのろ過膜面積を格段に大きくできることにあります。このため、膜の入る曝気槽の大きさをコンパクトにでき、イニシャルコストの低減にもつながります。

Question

中空糸膜は切れやすいのでは?

 

MBRで使用するマイクローザは、従来の中空糸膜よりも切れにくい設計になっています。

MBR用マイクローザ中空糸膜の特長
  • スパゲティ程度の太さで、従来の中空糸膜よりも肉厚。
  • 従来のポリエチレン製中空糸膜より機械的に丈夫で、化学的にも耐久性の高い材料である高結晶性のポリフッ化ビニリデンからなり、劣化しにくい。
  • 肉厚全体が均一な三次元網目構造を形成しており、基材にコーティングした膜と違って剥離が起こらない。

使用分野ショートカット




ページ上部へ