山﨑龍磨

ごあいさつ

私たち旭化成ホームプロダクツは、旭化成で消費財を扱う唯一の会社であり、旭化成グループの中で唯一、非耐久消費財を扱う会社です。産業財ビジネスを主体とする旭化成グループにおいて、独特のポジションを持つ存在と言えます。旭化成グループでは、「私たち旭化成グループは、世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献します。」という理念を掲げていますが、これに照らして言えば、旭化成ホームプロダクツは、「人びとの“いのち”と“くらし”」と、日々ヒューマンスケールで接しています。「世界」も「社会」も「産業」も、つまるところ「人」の集合体であり、「人」へのコミットメントなしに「世界」の明日を思い描くことはできません。私たちは、「人」が構成する最小社会単位である「家庭」をサポートすることで、「人びとの“いのち”と“くらし”」の最前線に立つ役割を担っていると考えています。サランラップ®、ジップロック®、クックパー®、ズビズバ®、そしてFrosch®(フロッシュ)という私たちの商品はいずれも、「毎日のふつうの家庭生活に、新しい価値をもたらすもの」だと自負しています。その原点となる、私たちの「誇り」の在り処と目指す姿を、ミッション・ステートメントおよび企業スローガンとして定めています。これを自身の胸に刻み、日々新たな気持ちで挑戦を続けることで、旭化成ホームプロダクツは、取引先の皆様からは「何かやる会社」だと、お客様からは「私の思いをわかってくれる会社」だと言っていただける会社になるはずです。これからの私たちの挑戦にどうかご期待くださいますよう、旭化成ホームプロダクツで働く全員の代表として、お願い申し上げる次第です。代表取締役社長 山﨑龍磨