よくあるご質問ジップロック®

歴史について

「ジップロック®」の歴史について教えてください。

1960年代の中ごろ、米国ダウ・ケミカル社の担当者がある展示会で、ジッパーで開け閉めするというアイデアを見つけました。元のアイデアは日本人の発明家が特許を持ち、米国の企業が使用権を取得しているものでした。
すでに食品包装用ラップを製造販売していたダウ社は、このジッパーのアイデアを自社のポリエチレンに利用して、今度は台所で使える簡単に開け閉めできるポリ袋を開発したらどうか、と考えたのです。
開発当初はジッパー付き袋を、湯煎などの食品を調理する道具として考えていました。じきに、調理用バッグは市場規模が小さすぎることがわかり、ダウ社は、この袋を調理道具ではなく、一般的な食品保存用途と位置付けることにしました。
テスト的に販売を始めたところ、ジッパー付き袋は米国の消費者に受け入れられ、1972年には、Ziploc®ブランドのストレージバッグ(日本ではストックバッグ)として米国中に広まりました。さらに、Ziploc®フリーザーバッグやZiploc®サンドイッチ用バッグ(日本ではお手軽バッグ)などの、数多くの商品ラインナップも拡大していきました。
1998年初め、SC Johnson社がZiploc®ブランドと全ての生産設備を取得し現在に至っています。
日本では、この食品保存用袋市場は1986年より拡大し、1991年にZiploc®ブランドとしては初めて市場に登場しました。 1996年には弊社が販売権を取得し、現在でも販売を続けています。

品質・安全性について

「フリーザーバッグ」と「ストックバッグ」はどう違うのですか。

袋の厚みが違います。フリーザーバッグは0.06mm、ストックバッグは0.04mmです。厚みの厚いフリーザーバッグの方が乾燥や酸化による冷凍焼けを、より防ぐことが出来ますので、冷凍にはフリーザーバッグをお勧めします。

「ジップロック®コンテナー」を使って食品を電子レンジで加熱すると、環境ホルモンが溶け出してくることはありませんか。

「ジップロック®コンテナー」では、内分泌かく乱作用を持つとされる物質(いわゆる環境ホルモン)は使われていませんのでご安心ください。なお、現時点で内分泌かく乱物質に関する確定したリストはありません。1998年当時、環境省では、科学的に未解明な点が多いものの、優先して調査研究を進める物質リストを公表しました(SPEED'98)。しかし現在は新たな対応プログラム(ExTEND2010)のもと、一時点での対象物質のリストアップは行わず、基盤的な調査研究が進められている段階です。

ページトップへ戻る

使い方について

「ジップロック®」のバッグシリーズは使用前に中を洗ったほうがいいのですか。

洗わずにご使用いただけます。袋の内側は外気に触れることなく製造されています。

袋は何回くらい使えますか。

食品を入れる場合は衛生上使い捨てをお勧めしています。

「ジップロック®」のバッグシリーズの耐熱温度は何度ですか。

「お手軽バッグ」を除くバッグの耐熱温度は約100℃です。

「ジップロック®」のバッグシリーズは電子レンジ加熱できますか。

加熱を想定した製品ではありません。電子レンジ加熱にはご使用いただけません。
「フリーザーバッグ」、「イージージッパー®」、「スタンディングバッグ」はレンジで解凍までお使いいただけますが油分の多い食品は耐熱温度を超えることがありますので、レンジでは解凍しないでください。

「ジップロック®」のバッグシリーズは湯煎に使えますか。

鍋に火をかけた状態での湯煎には使用しないでください。鍋肌に触れた部分が耐熱温度を超える可能性があります。

「ジップロック®」のバッグシリーズに梅干や味噌など、酸・塩分の強いものを入れても大丈夫ですか。

ご使用いただけます。

「ジップロック®」のバッグシリーズは液状のものを保存しても大丈夫ですか。

「お手軽バッグ」を除くバッグは液状のものの保存にご使用いただけます。
液状のものを保存する場合は、8分目以下にしてください。
横置きする場合は、液体が漏れるおそれがありますので受け皿などをご使用ください。

「ジップロック®」のバッグシリーズは液状のものを持ち運んでも大丈夫ですか。

液体を入れて持ち運ばないでください。

「ジップロック®」のバッグシリーズに電子機器を入れてお風呂で使っても大丈夫ですか。

完全な防水を保証するものではありませんので、防水用途での使用はおすすめできません。

「ジップロック®」のバッグが開けにくい場合、開け方のコツはありますか。
※「フリーザーバッグ」「スタンディングバッグ」「ストックバッグ」「お手軽バッグ」

ジッパーのオープンタブ(でっぱり)部に深めに指を入れて、手首を内側にひねるように開けてください。

「ジップロック®コンテナー」の電子レンジ使用上の注意「フタをずらして」とはどのようにすればいいのですか。

フタを一度完全に取り外し、フタと本体の口が重ならないよう位置をずらしてください。(蒸気の抜け道ができるようにしてください。)

「ジップロック®コンテナー」は食器洗い機で洗っても大丈夫ですか。

食器洗い乾燥機のご使用については、まずお手元の“取り扱い説明書”にて『プラスチック製品』に使用可能かどうかをご確認いただき、その際には、以下の点にご注意いただきご使用くださいますようお願いいたします。

食器洗い乾燥機の中への設置場所に注意する(フタ・容器ともに軽量のため、洗浄時の水流や乾燥風で飛ばされて、破損する恐れがある)

乾燥時に熱風が吹き出す口を避ける(熱による変形の恐れがある)

フタ・容器の上に重たい食器や調理道具を乗せない(重たいものが乗った状態で熱がかかると、変形の恐れがある)

「ジップロック®コンテナー」は落としたりぶつけたりしても壊れませんか。

衝撃を与えると壊れることがあります。

「ジップロック®コンテナー」は液状のものを持ち運んでも大丈夫ですか。

液状のものを持ち運ぶ場合は、7分目以下にしてください。また横にしたり激しく振るのは避けてください。完全密封ではないので、もれることがありますのでご注意ください。

「ジップロック®コンテナー」は梅干や味噌など、酸・塩分の強いものを入れても大丈夫ですか。

ご使用いただけます。

ページトップへ戻る

その他

「ジップロック®」のバッグシリーズの原材料の臭い(ポリエチレン)がきつく感じられるのですが。

ポリエチレンを加工した際に生じるにおい(ビニール臭い感じ)が製品に残っている場合があります。外気に触れさせていただくと薄れることがございます。

ジップロック®のバッグに色がついていますが、どうしてですか。

生産の立ち上がり時や製造機械の調整中にロスとなる製品があります。これを製造工程で再利用しています。ジッパー部、つまみ部分の色が混じるので、袋の部分に薄く色がつくことがありますが、もともとの製品のものであり、安全および衛生上問題ありませんので安心してお使いください。

「ジップロック®コンテナー」のフタのみまたは本体のみの販売はしていますか。

容器・フタ各々の、単体での販売は行っておりません。

ページトップへ戻る