ホーム>らくらく保存テクニック>食材別 保存テクニック>野菜 ほうれん草

ほうれん草

上手な保存は素材選びから。葉が厚めで、茎にもハリがあり、緑が鮮やかなものが新鮮です。また、根元に乾燥ジワがなく、みずみずしいかどうかもチェック。

常温・冷蔵保存の方法

ジップロック®ストックバッグ」に入れ(ただし、完全密封は禁物です)、冷蔵庫の野菜室で、葉を上に立てて保存。横に寝かした状態だと、ストレスがかかり、野菜から出るエチレンガスで傷みが早くなります。

冷凍保存の方法

生のまま冷凍

保存中は冷凍室内でかさ張りますが、比較的良い状態で利用できます。

  1. ほうれん草は洗って水けをきり、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れます。
  2. 中の空気をなるべくぬいてジッパーを閉め、冷凍保存。


使うときは

沸騰したたっぷりの湯で30秒ほどゆでて、流水にさらし、水けを絞って利用します。
おひたし、炒め物、あえ物、汁物の具など通常使う料理に利用できます。


ゆでて冷凍

冷凍室内ではコンパクトに保存できますが、食べると多少筋っぽく感じられるかもしれません。

  1. ほうれんそうは通常よりかためにゆで、4~5㎝長さに切ります。水けをしっかりと絞って、一回に使う分ずつ薄く小分けにして「サランラップ®」でぴったりと包みます。

  1. ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、中の空気をなるべくぬいてジッパーを閉め、冷凍保存。


使うときは

電子レンジ解凍し、よく絞ってからソテーなどに。または凍ったままスープや味噌汁、うどんに入れて加熱調理します。


Q & A

ほうれん草のビタミンCは、生で保存した場合と、茹でてから保存した場合では、どちらが多く残っているのでしょうか?
3日目くらいまでは、生でも茹でたものでも、ほうれん草のビタミンCの残存率にはほとんど差がありません。ただし、4日目以降は茹でたものはビタミンCも大きく減り始め、べたついて食味が落ちます。いずれにしてもほうれん草は3日以内で食べきるとよいでしょう。

保存に便利なアイテム

サランラップ®
優れたバリア性で、食品の鮮度や香りを保つ
ジップロック®フリーザーバッグ
厚手の素材で乾燥・酸化を防止、冷凍からレンジ解凍までOK
ジップロック®ストックバッグ
常温・冷蔵保存だけでなく、漬け込みや作り置き保存に便利

食材別保存のポイント

保存が役立つクッキングのコツ