おかゆ・軟飯・ごはん

主食となるおかゆ・軟飯・ごはんは、赤ちゃんにとって大切なエネルギー源。どの月齢においても離乳食のベースになります。毎回準備するのは大変なので、冷凍し、ストックしておきましょう。

下ごしらえ

まずは10倍がゆのひとさじからスタートし、徐々に量を増やしたり水分を減らして、大人の食事に近づけていきます。
大変で難しそうなイメージがありますが、ごはんを使うと簡単に作ることができます。
<<「おかゆ・軟飯」の作り方はこちら>>

冷凍保存の方法

少量の時期は

  1. 製氷皿に入れ、「サランラップ®」でふたをし、冷凍します。
  1. 凍ったら製氷皿から取り出し、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーをしっかりと閉め、冷凍保存。

使うときは

ジップロック®コンテナー(正方形130ml)」に、冷凍したおかゆを1個入れ、水を少量(小さじ1/2程度)を加えます。フタをずらしてのせ、電子レンジ(500W)で40~50秒、充分に熱くなるまで加熱します(おかゆの量により加熱時間は調節してください)。




量が増えてきたら

1食分ずつ「ジップロック®コンテナー(正方形130ml)」に入れ、フタを閉めて冷凍保存。


使うときは

水を少量(小さじ1程度)加えてフタをずらしてのせ、電子レンジ(500W)で約1分30秒(1食分50~60gの場合)、充分に熱くなるまで加熱します(おかゆの量により加熱時間は調節してください)。




軟飯、ごはんになったら

  1. 作りたてを熱いうちに、「サランラップ®」の上に1食分ずつ薄めに均一に広げ、ふんわりと包みます。なるべく薄く包むことで急速に冷凍させ、でんぷんの老化温度帯を素早く通過させるのがコツです。
  1. 冷めたら「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存。

使うときは

サランラップ®」に包んだまま、1食分(90g)あたり、電子レンジ(500W)で1分30秒~2分、充分に熱くなるまで加熱します。


保存に便利なアイテム

サランラップ®
幅の小さい22cm幅、15cm幅が離乳食に便利。
ジップロック®フリーザーバッグ
量の少ない離乳食には、小さめのSサイズがおすすめ。
ジップロック®コンテナー
冷凍保存から電子レンジ加熱までOK。離乳食には小さいサイズの「正方形130ml」が便利。