小分けテクニック

  1. 製氷皿でキューブ状に

    製氷皿に食材を入れ、「サランラップ®」でふたをしていったん凍らせます。凍ったら製氷皿から取り出し、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れかえて、冷凍保存。

    ☆この食材におすすめ☆

    だし汁や野菜スープ、少量のおかゆ、ホワイトソース、トマトソースなどに。

  2. 「サランラップ®」を使って

    ●平らに包む

    食材を平らに包んで、小分けします。ペースト状のものは板状に薄くすると、急速冷凍しやすく、収納性も○。必要量を凍ったまま折って取り出せます。

    ☆この食材におすすめ☆

    軟飯の小分けや、少量のペースト状の野菜や魚、肉などに。

    ●茶巾絞りのように包む

    小さい湯のみなどに「サランラップ®」を敷き、食材を入れて口を茶巾絞りのようにきゅっとひねるか、輪ゴムでとめます。

    ☆この食材におすすめ☆

    おにぎりやかぼちゃペーストなど、かわいい一口サイズにしたいときに。また少量のトマトソースやホワイトソースなどに。

    ●スティック状に包む

    やわらかくゆでた食材をスティック状に包んで小分けすれば、使うとき、凍ったままおろし金で欲しい量をすりおろすだけ。手間のかかる裏ごしやすりつぶしの負担を軽減する裏ワザです。

    ☆この食材におすすめ☆

    青菜、大根、鶏ささみ、パンなどに

  3. 「ジップロック®フリーザーバッグ」を使って

    ジップロック®フリーザーバッグ」に食材を入れ、なるべく薄くして冷凍すれば、凍ったままパキッと折って使いたい分だけ取り出せます。かためのペーストの場合は、菜箸などですじ目を入れておくと便利です。

    ☆この食材におすすめ☆

    野菜全般、魚、肉などに。

  4. 「ジップロック®コンテナー(正方形130ml)」を使って

    1回分の量が増えてきたら、「ジップロック®コンテナー(正方形130ml)」に入れて小分けすると、そのまま電子レンジで解凍・加熱できて便利です。

    ☆この食材におすすめ☆

    おかゆ、スープなどに。


保存に便利なアイテム

サランラップ®
幅の小さい22cm幅、15cm幅が離乳食に便利。
ジップロック®フリーザーバッグ
量の少ない離乳食には、小さめのSサイズがおすすめ。
ジップロック®コンテナー
冷凍保存から電子レンジ加熱までOK。離乳食には小さいサイズの「正方形130ml」が便利。