実践!おかずマネジメント 簡単 楽々 食材活用!

おかずマネジメントってなんだろう?

「おかずマネジメント」とは、食品の保存方法を工夫したり、食材をストックしたりすることによって、計画的に食品を使い切ることを言います。
おかずマネジメント力を高めることによって、家計を節約できたり、時間を効率よく利用できるようなります。

おかずマネジメント力が高まると

  • 家計を節約できる!
    家計を節約できる!
  • 時間を効率的に利用できる!
    時間を効果的に利用できる!
  • 料理が楽しくなる!
    料理が楽しくなる!

おかずマネジメント力が高めるには

5つのステップを繰り返すことで、”おかずマネジメント力”が身についてきます。
まずは実践しやすそうなステップからチャレンジしてみましょう!

ウィークリーメニューを作成しましょう

一週間のメニューを作成し、食材を購入しましょう

食材を買いに行った際、店頭に並ぶ品々を見ながらメニューを考えるのは楽しいものです。ですが買い物に行ってからメニューを考えると、つい衝動買いをしたり、余分なものまで買ってしまうことも。 そこで1週間のメニューを事前に考え、計画的に食材を購入しましょう。外食をしたり、いただきものがあってメニューの予定が変わったら翌日以降で調整するなど、ある程度気楽に考えながら無理なく行なうのがポイントです。

食材は下ごしらえ保存しましょう

下ごしらえ保存で、省スペース&効率化!

食材を買ってきたら、できるだけ下ごしらえしておきましょう。
ほうれん草などの葉物はサッとゆでてしまえばカサが減り、省スペースで保存できます。
また、まとめ買いした肉や魚は「 ジップロック®ストックバッグ」に入れ、タレやみそで漬け込んでおけば、次の日には焼くだけ。使う時の手間も省けるようになるため。時間を効率よく使えるようになります。

まとめづくり・作り置きを取り入れましょう

調理の労力を減らし、光熱費も節約!

たくさん作った方がおいしいカレーや、味がしみたほうが美味しくなる煮物は、余裕のあるときにまとめ作りを行うようにしましょう。
多めに作ったら「 ジップロック®コンテナー」などに小分けし、すぐ食べる分は冷蔵室へ、残りは冷凍室で保存します。まとめ作りは主婦の省力・省時間になるばかりでなく、光熱費も節約できて経済的です。

煮物上手は保存上手?!

煮物は伝統的な日本のおかず。野菜を豊富に食べられる健康食として、家庭でもよく食卓に登場します。しょうゆやみそなどの発酵調味料にはアミノ酸と糖が加熱によって反応してできる褐色色素が含まれ、強い抗酸化性を持っています。調理するときに多めに作って「 ジップロック®コンテナー」で保存しましょう。食べるときは、そのまま電子レンジで温めなおしができて便利です。

クックパーで煮物上手に

保存したものは効率よく使いましょう

先入れ・先出しを意識して回転率をあげましょう

食材は長時間保存すると鮮度が落ち、栄養価や風味が損なわれます。
また、野菜や果物に含まれるビタミンCも、時間とともに減少します。
おいしく、無駄なく食べきるために、先に保存した食材から順に使っていく「先入れ・先出し」に気を付けながら保存し、回転率を上げましょう。

先入れ・先出しを意識して回転率をあげましょう

冷蔵庫の棚卸しをしましょう

週に一度の棚卸で無駄を削減

1週間に1度は冷蔵庫を整理しましょう。
定期的に冷蔵庫を整理し食材を確認することで、ストックされた食材の二重買いを防いだり、残り物の活用ができて、無駄がなくなります。冷蔵庫の在庫を確認したら、また次週のウィークリーメニューを考え、食材の計画購入を行います。

週に一度の棚卸で無駄を削減

5つのステップを繰り返すことで、”おかずマネジメント力”がぐっと向上!

食材別保存のポイント