とうもろこし

冷凍すると味落ちが否めないため食べきるのがおすすめですが、すぐに食べない時はできるだけ早く冷凍保存しましょう。とうもろこしは加熱したものでも、生のままでも冷凍でき、保存後の状態に大きな差はありません。

冷凍保存の方法

加熱調理して冷凍保存

  1. とうもろこしを加熱したら、水分や香りを逃がさないよう、熱いうちに
    1本ずつ「サランラップ®」で包みます。

    +αの豆知識<とうもろこしの簡単調理>

  1. 冷めたら、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れて冷凍保存。


使うときは

サランラップ®」に包んだまま、電子レンジで軽く全体が温まるまで加熱します。


生のまま冷凍保存

  1. とうもろこしは皮をむき、「サランラップ®」 でぴったりと包みます。

  1. ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、空気を抜いて冷凍保存。


使うときは

●ゆでてジューシーに!
サランラップ®」 をはずし、凍ったまま水からゆでて沸騰したらさらに約3分加熱します。
●じっくり蒸しておいしさ逃がさない!
サランラップ®」 をはずし、凍ったまま蒸気のあがった蒸し器で10~12分加熱します。
●電子レンジで手軽に!
サランラップ®」 をいったんはずして再びゆったりと包みなおし、凍ったまま1本(約300g) あたり電子レンジ(500W)で約7分加熱します。そのままラップをはずさずに冷まします。

<ワンポイント>
ゆでたり蒸したりした場合は、熱いうちに濃いめの塩水(塩分約3%)にサッと浸し、すぐに「サランラップ®」に包んでから冷ますと、皮にしわがよりにくく、塩味もつきます。
生から加熱するときも同じです。


おすすめレシピ

●焼きとうもろこし

  1. 解凍(または加熱)したとうもろこしを、グリルまたは焼き網で時々向きを変えながら中火で8~10分ほど焼く。仕上げにしょうゆを塗りながら、少し乾かすようにして香ばしく焼く。

●コーンポタージュ

  1. 解凍(または加熱)したとうもろこしの粒をはずし、バターで炒める。 ひたひたより少し多めの水を加え、5分ほど煮る。ミキサーにかけて裏ごし、牛乳や生クリームを加え、塩、こしょう、洋風スープのもとなどで味をととのえる。

+αの豆知識

<とうもろこしの簡単調理>
少量のとうもろこしの加熱には電子レンジがおすすめ!
鍋ゆでよりも手軽にスピーディーに調理することができます。

  1. とうもろこしは皮をむき、「サランラップ®」 でゆったりと包みます。
  1. 電子レンジ(500W)で1本あたり約5~6分加熱します。
    ※100gあたり約1分30秒が目安です。

保存に便利なアイテム

サランラップ®
優れたバリア性で、食品の鮮度や香りを保つ
ジップロック®フリーザーバッグ
厚手の素材で乾燥・酸化を防止、冷凍からレンジ解凍までOK