ごぼう

切ったり、アクを抜いたりと、手間がかかるごぼう。一度に下処理し、使わない分は生のまま冷凍保存しておくと、使う時の手間が省けて便利です。

冷凍保存の方法

  1. 乱切り、せん切り、ささがきなど使いやすい大きさに切って、5分ほど水にさらし、アクを抜きます。
  1. 水けをふきとり、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーをしめ、冷凍保存。
    せん切りやささがきの場合、「ジップロック®フリーザーバッグ」にまとめて入れるとくっつきやすいので、使いやすい分量ずつ「サランラップ®」で小分けにしてから、「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れて冷凍保存した方がよいでしょう。


使うときは

電子レンジで解凍するか、凍ったまま調理します。きんぴら、筑前煮、豚汁、かき揚げ、卵とじなどに。生の時の香りはやや失われますが、冷凍しても意外と筋っぽさはなく、シャキッとした歯ざわりもそのままです。ただし、調理後、時間がたつと黒ずむことがあるため、作り置きには向きません。


保存に便利なアイテム

サランラップ®
優れたバリア性で、食品の鮮度や香りを保つ
ジップロック®フリーザーバッグ
厚手の素材で乾燥・酸化を防止、冷凍からレンジ解凍までOK