ゴーヤー

ビタミンCを豊富に含み、独特な苦みと風味が特徴のゴーヤー。
夏場の節電のためグリーンカーテンとしても人気ですが、たくさん採れて余ってしまうのも悩ましいところ。そんな時は、生のまま冷凍保存できるので、新鮮なうちに冷凍しましょう。

冷凍保存の方法

  1. ゴーヤーは縦半分に切り、種とわたをスプーンなどで除き、5mm幅くらいに切ります。
  2. ジップロック®フリーザーバッグ」に入れて、なるべく空気を抜いてジッパーをしめ、冷凍保存。


使うときは

凍ったまま、または電子レンジで軽く解凍してから調理します。
天ぷらやかき揚げ(電子レンジ解凍し水けをしっかりとふき取って使います)、凍ったままスムージーに利用すると、おいしくいただけます。
チャンプルーなどの炒めものや、サッとゆでてあえ物などにする場合は、シャキッとした歯ざわりが失われ、芯の部分に固さが出て、生のときと食感が変わります。お好みでご利用ください。


保存に便利なアイテム

ジップロック®フリーザーバッグ
厚手の素材で乾燥・酸化を防止、冷凍からレンジ解凍までOK