さつまいも

甘くてほっくりとしたさつまいも。低温に弱い作物のため、冷凍には不向きと思われがちですが、生のまま冷凍しても、意外なほどおいしく食べられます。切りかけが余ったときや、まるごとでも適当な保存場所がなくて困ったときなど、冷凍保存してみましょう。

冷凍保存の方法

  1. 使いやすい大きさに切り、水にさらしてアクを抜き、水けをふき取ります。
    (切らずにまるごとでも冷凍できます。まるごとなら、洗って水けをふき取ればOK。)
  2. ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。


使うときは

凍ったまま、もしくは電子レンジ解凍して使います。凍結後は断面がやや褐変しますが、調理すると気にならないレベルに戻ります。凍ったままゆでて、煮物や汁物、サラダに、またつぶしておやつ作りにも(電子レンジで加熱するとパサつきやすいので、鍋でゆでて使います)。
天ぷらや素揚げにする場合は、電子レンジ解凍してから調理します。
まるごと冷凍したものを焼き芋にする場合は、凍ったままオーブンで(電気なら170℃、ガスなら160℃で、約90分)焼くと、おいしく食べられます。


保存に便利なアイテム

ジップロック®フリーザーバッグ
厚手の素材で乾燥・酸化を防止、冷凍からレンジ解凍までOK