里芋

里芋は、意外にも冷凍保存向きの食材。生のまま冷凍保存しても、さほど味や食感の劣化はありません。また、加熱したものでも冷凍可能です。たくさん手に入ったときは、冷凍保存がおすすめです。

冷凍保存の方法

生のまま冷凍

煮物用に大きく切ったものは、「ジップロック®フリーザーバッグ」に直接入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。

みそ汁用など薄めに切ったものは、「フリーザーバッグ」に直接入れると、くっつき合ってバラバラに取り出しにくいので、使う分ずつ「サランラップ®」で包み、「フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。


使うときは

電子レンジ解凍するか、凍ったまま使います。ぬめりをとりたい場合は、凍ったまま一度ゆでこぼして、水洗いします。調理の際に加熱時間が短いと、里芋特有のねっとりとした食感にならないので、みそ汁など小さめに切ったものなら約10分、煮物などの場合は20~25分くらい、しっかりと加熱します。電子レンジでの加熱調理は、加熱時間が短いため、向きません。


加熱して冷凍

やわらかくゆでてそのまま、もしくはマッシュし、使う分ずつ「サランラップ®」で包み、「フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、冷凍保存。


使うときは

電子レンジで加熱するか、凍ったまま使います。ゆでたものは、電子レンジで温め、みそをつけて食べたり、凍ったままだし汁で煮て汁物の具にしてもよいでしょう。マッシュして冷凍したものは、コロッケや揚げ物にするとよいでしょう。


保存に便利なアイテム

サランラップ®
優れたバリア性で、食品の鮮度や香りを保つ
ジップロック®フリーザーバッグ
厚手の素材で乾燥・酸化を防止、冷凍からレンジ解凍までOK