業務用ジップロック®フリーザーバッグ こだわりの「密閉性」と、抜群の「使いやすさ」!

規格・サイズ一覧

ジップロック® フリーザーバッグのこだわり

1ダブルジッパーで密閉性も高く、
液体も安心!

「パチパチ」閉まるウルトラジッパーと内側からは開きにくい密封ジッパーの2種類のジッパーでしっかり密閉します。

2Open Tabとすべり止めで、
さらに開けやすく!

つまみやすいOpen Tabを開け口のセンターにつけ、とても開けやすく進化。冷凍庫から出した直後や、濡れた手でも素早く開けられます。

3丈夫な素材で、冷凍から
レンジ解凍までOK!

厚手の素材なので、食材を酸化や乾燥からしっかり守ります。冷凍保存から電子レンジ解凍まで、中身を移し替えずにそのまま使えます。

4書き込みラベルが
すっきりしたデザインに

書き込みラベルを左上に配置したので、すっきりと中身が見やすくなりました。冷凍保存する食材の整理や検食の保存に便利です。

つまみとすべり止めで、さらに開けやすい

業務用厨房でのフリーザーバッグ活用例

下ごしらえ食材の冷凍焼け防止に

厚手で丈夫な素材なので、カットした肉、魚の切り身を安心して保存できます。(サランラップ®で包むと、より効果的です。)

調理済み半加工品の仕込み、保存に

ひき肉やオニオンのソテーなどを仕込んで保存しておくと、仕上げ調理への対応が素早くできます。

業務用袋詰め冷凍野菜の開封後の保存に

コーンやブロッコリーなどの冷凍野菜の保存に活用すれば、変質、乾燥を防止します。

電子レンジ解凍OK(スタンディングバッグなら立てたまま)

冷凍した食材を、そのまま電子レンジで解凍できます。(必ずバッグの口を開けて解凍してください。)

*油分の多い食品(カレーやシチューなど)は耐熱温度を越えることがありますので、電子レンジでは解凍しないでください*液状のものを入れて解凍する場合は、液体がもれるおそれがありますので受け皿などをご使用ください。

耐冷-70℃、ブラストチラーで急速冷却

ブラストチラーでのクックチル、クックフリーズの新調理システムで安心して使用できます。スタンディングバッグなら、立てたまま使えます。

冷凍物の管理や、検食の保存に

書き込みラベル付きで、食材の管理が容易。検食の保存袋としても活用できます。スタンディングバッグも同様です。