他素材ラップとの性能比較

同じように見えるラップでも、素材によって品質は異なります。
ポリ塩化ビニリデンでできたサランラップ®のすぐれた特性は数値にも表れています。

特性
[単位]
表の見方 サランラップ®
ポリ塩化ビニリデン製ラップ
ポリエチレン製ラップ ポリ塩化ビニル製ラップ ポリメチルペンテン製ラップ ポリエチレン/ポリプロピレン製多層ラップ 測定方法
試料平均厚み
(μm)
- 11 10 8 10 10 JIS※1準拠
引張弾性率
[MPa]
(ハリコシ性)
数字の大きい方がしっかりしていて扱いやすい。 470 220 260 200 300 ASTM※2
規格準拠
(縦横方向平均, 23℃)
密着性
[mJ]
(くっつき性)
数字の大きい方がはがれにくく、つきがよい。 2.1 1.0 1.5 0.8 1.0 旭化成法
(仕事量/25cm²)
(23℃)
酸素ガス透過度
[ cc/m²・day・atm]
(酸素バリア性)
数字の小さい方が酸素を通しにくい。 60 13,000 15,000 50,000
以上
20,000 ASTM※2
規格準拠
(23℃, 65%RH)
透湿度
[g/m²・day]
(水分バリア性)
数字の小さい方が水分を保ちやすい。 12 30 150
以上
150
以上
45 ASTM※2
規格準拠
(38℃, 90%RH)
耐熱温度
[℃]
(耐熱性)
数字の大きい方が耐熱性がある。 140 110 130 180 150 東京都消費生活条例の品質表示実施要領
耐冷温度
[℃]
(耐冷性)
数字(マイナス)の大きい方が耐冷性がある。 -60 -60 -60 -30 -60 東京都消費生活条例の品質表示実施要領
引裂強さ
[mN]
(カット性)
数字の小さい方が抵抗が少なく、切りやすい。 30 1,500 300 100 4,500 ASTM※2
規格準拠
(横方向, 23℃)
くもり度
[%]
(透明性)
数字の小さい方がより透明である。 0.3 0.6 0.8 0.3 1.2 ASTM※2
規格準拠
(23℃)

※当社調べ、測定結果は一例です

  • ※1 日本工業規格
  • ※2 米国材料試験協会