実は知らない!?使い方のコツ

「斜め切れ」「巻きもどり」を防ぐコツ

ラップの正しい切り方を確認して、「斜め切れ」「巻きもどり」を防ぎましょう。

1
フタを大きく開け、フィルムの真ん中をつまみます。

フタを大きく開け、フィルムの真ん中をつまみます。

2
フィルムをまっすぐ引き出します。

フィルムをまっすぐ引き出します。
(左右にかたよったり、刃や箱にフィルムが触れないように)

フタを閉めたまま引き出さない 下向きに引き出さない
3
フタをしっかり閉じます。

フタをしっかり閉じます。

4
箱を内側に傾けます。

箱を内側に傾けます。

箱を外側に傾けて切らない
5
刃の端から扇を開くように箱を動かして切ります。

刃の端から扇を開くように箱を動かして切ります。

手前に引いて切らない

サランラップ®の切り方

ページトップヘ戻る

ラップの切り口を見つけるコツ

ラップの引き出し口がわからなくなってしまったら…

1

箱のフタを大きく開けて、サランラップ®を箱から取り出します。
その時、刃で手を傷つけないようにご注意ください。

2

セロハンテープをロールの端にそって一周ペタペタと軽く“触れては、はがす”動作をくり返します。そうすると、ラップの切り口がはりついてきます。

※同様に、反対側の端もこのようにしてラップの切り口を見つけると、引き出しやすくなります。

セロハンテープをロールの端にそって一周ペタペタと軽く“触れては、はがす”動作をくり返します。そうすると、ラップの切り口がはりついてきます。
3

切り口がはりついてきたら、そこからそっと引き出し、正常な幅に戻してから再びお使いください。

※つめでひっかくとラップがキズつきますのでご注意ください

正常な幅
つめや刃物でキズをつけないように

ラップが何重にもキズつき、使用できなくなります。

つめでひっかく 刃物で切れ目を入れる
!つめや刃物でキズをつけないように ラップが何重にもキズつき、使用できなくなります。

ラップが2ヶ所以上から引き出されてしまったら…

このように、ラップの切り口が2ヶ所以上から別々に引き出されることがあります。このような場合は一周または何周かずれて引き出されていることが多いのです。

このように、ラップの切り口が2ヶ所以上から別々に引き出されることがあります。このような場合は一周または何周かずれて引き出されていることが多いのです。

どちらかスムーズに引き出せる方をゆっくりはがしていくと、正常な幅に戻すことができます。

どちらかスムーズに引き出せる方をゆっくりはがしていくと、正常な幅に戻すことができます。

2ヶ所の切り口を一緒に引っぱってもいつまでも元の正常な幅には戻りません。

2ヶ所の切り口を一緒に引っぱってもいつまでも元の正常な幅には戻りません。

サランラップ®の修復方法

ページトップヘ戻る

電子レンジで加熱するときのコツ

サランラップ®を使って電子レンジ加熱するときは、食品からの蒸気でフィルムに圧力がかかり、 裂けてしまうことがありますので、少しゆるめにフィルムをかけるのがコツです。

1器にかける場合
少しゆるめに余裕をもってかける。

少しゆるめに余裕をもってかける。

ピンと張ってサランラップ®をかけると、蒸気の圧力で裂けてしまうことがあります。×

ピンと張ってサランラップ®をかけると、蒸気の圧力で裂けてしまうことがあります。

2食品を直接包む場合
食品とサランラップ®の間に少し余裕をもたせながら、食品がはみ出さないようにサランラップ®同士をくっつけるようにして包んでください。

食品とサランラップ®の間に少し余裕をもたせながら、食品がはみ出さないようにフィルム同士をくっつけるようにして包んでください。
(包み終わりを少しねじっておくと、はずすときに端がわかりやすく便利です。)

  • ※電子レンジでのご使用の際は、お使いの電子レンジの取り扱い説明書に従ってください。
油分の多い食品を電子レンジで加熱するとき

油分の多い食品をサランラップ®に直接包んで加熱すると、高温になり耐熱温度を超えてフィルムが破けたり溶けたりすることがあります。
このような場合は、食品を深めの耐熱容器に入れて加熱してください。