カナダ

代表的食材サーモンを使った料理と、メープルシロップを使った
風味豊かなクッキーをご紹介。

カナダの料理

カナダの食文化

世界で二番目に広い国土を持つカナダ。その半分は森林に覆われ、カナディアン・ロッキーに象徴される雄大な自然に囲まれています。湖や川、海岸部の魚介類や、内陸部の大平原が育む穀物類や豚・肉牛など、その恵みは豊かで、世界有数の食料輸出国です。またメープル(砂糖カエデ)樹液から作られる甘味料「メープルシロップ」は、カナダの特産品として知られ、メープルの葉はカナダ国旗に描かれるなど、国のシンボルにもなっています。

自然の恵み豊かなカナダですが、その食文化は実に多種多様で、今日伝統的カナダ料理と呼べるものは見つかりません。これはフランス・イギリスのほか、世界中から多くの移民を受け入れてきた歴史をよく表しています。都市部の大きなチャイナタウン(中国人街)をはじめ、街中で手軽に各国シェフが作るさまざまな本場料理を楽しめるのは、多民族国家ならではといえるでしょう。フランス系カナダ人が多く住むケベック州のように、故郷の調理法をベースに肉類やメープルシロップなど地元の食材を生かし、独自に料理を発展させてきた地域もあります。

また、整備された美しい街並みやウインタースポーツで人気の、カナダ西海岸の都市バンクーバーでは、何といっても新鮮で豊富なシーフードが食文化の中心的存在。街には新鮮な魚介料理を提供するシーフードレストランや寿司店などが多く見られ、観光客にも支持されています。

続きを読む