インドネシア

おなじみの「ナシゴレン」や「サテ」をはじめ南国ムードいっぱいの
インドネシアレシピ

インドネシアの料理

インドネシアの食文化

1万7千余りもの島々から成り立つ世界最大の群島国家、インドネシア。人口の多くはマレー系ですが、250とも300とも言われる多くの種族が独自の文化を持ちながら暮らす「多様性の国」です。そのため、「インドネシア料理」をひとくくりにするのは難しく、比較的辛みのマイルドなジャワ料理、香料も香辛料もたっぷりのスパイシーなパダン料理など、地方により全く違った食スタイルがあるのです。

そんなインドネシアの食文化で最も特徴的なものといえば、いろいろな材料や唐辛子をもとに作られるペースト状の調味料「サンバル」。料理に辛さやコクを与えるためのサンバルはインドネシアの食卓の常備品です。材料を石のすり鉢の中で合わせ、すりつぶして作ったフレッシュ感のあるものから、水分がなくなるまで鍋でじっくり加熱して作るものまで、地域や家庭ごとにその作り方や味もさまざま。「トラシ」という独特の海老の発酵ペーストやトマトなど、加えられる材料も多彩です。

また、「テンペ」(ゆでた大豆にテンペ菌を加え、発酵により固めた板状の食品)をはじめとした大豆食品が広く浸透しているのも興味深い特徴。固めの豆腐(「タフ」)を油で揚げた「タフゴレン」は日本の厚揚げにそっくりです。炒めたりサラダに入れたりと幅広く利用されています。

日本同様、大豆を原料とした醤油も大変ポピュラーな調味料。中でも「ケチャップ・マニス」はヤシ砂糖を加えて作るトロリとした甘口の醤油で、インドネシア独特の味わいを生むためには欠かせないものです。

続きを読む