タイ

「トム・ヤム・クン」など、辛、塩、酸、甘、香の
5つの要素が絶妙に交じり合った人気のタイ料理

タイの料理

タイの食文化

インドシナ半島の中央に位置するタイ王国。亜熱帯のモンスーン気候で、気温は一年を通して25℃~30℃。首都バンコクは“東洋のベニス”とも呼ばれ、水上マーケットでは毎朝小舟が何十隻も集まり、活気ある売り声がとびかっています。

バンコク市民の食生活は「外食」抜きには語れません。街中には小さな食堂や屋台がずらりとならび、にぎわいをみせています。テーブルには、ナンプラー、とうがらし粉、酢、砂糖の4種類の調味料セット(クルワポン)が置かれ、皿の中で好みの味を作りながら食べるのが本場流。家庭で作るより安上がりで手間がかからないので、バナナの葉で包んだり、ビニール袋にいれ、料理を持ち帰る姿もみられます。

日本では「タイスキ」として知られる鍋料理はバンコクでは専門店が多くみられ、何故か「スキヤキ」と呼ばれています。ある料理店主が日本で食べたしゃぶしゃぶがおいしかったので、バンコクで始めたものの名前を間違えてしまったという説もありますが、華僑の多いシンガポール・インドネシアなどにも似た料理があることから、中国人が持ち込んだという説が有力です。肉、魚介類、魚のすり身団子を中心に、野菜、春雨やビーフンなど何十種類もの具が入り、彩りもきれいです。タレは、基本の味つけ、辛・酸・甘・塩が混ざった複雑な味で、家庭では、市販のタレを買って使うのが一般的なようです。

タイの人々にとって重要な植物といえばヤシ。国内のいたる所で大規模栽培されるヤシは産業的に有用なばかりでなく、食生活にも欠かせません。ヤシ砂糖やココナッツミルクに加工され、大きな役割を果たしています。ココナッツミルクは、実の内側の果肉を削り、水を加えて絞ったもの。今では缶詰が使われることも多いようですが、タイには「クラターイ」と呼ばれるココナッツ削り器があり、以前は家庭ごとに熟した実を絞って手作りしていました。強い辛味が特徴のタイ料理にとって、ココナッツミルクはコクとマイルドさを与える大切な調味料です。また、ココナッツミルクは、煮たり、冷やし固めたり、焼いたりと、デザートにも頻繁に登場し、まさに主役となって日常的によく食べられています。

続きを読む