ベルギー

名産品のベルギービールを使った料理をはじめ、
家庭でも愛され続ける温かみのある郷土料理など

ベルギーの料理

ベルギーの食文化

フランス、オランダ、ドイツに接し3ヵ国語が国の公用語となっているベルギー。日本の九州ほどの国土に約1000万人の人々が住んでいます。ベルギーは西ヨーロッパのほぼ中心にあり、ヨーロッパの心臓、ヨーロッパの十字路とも呼ばれ、古くから軍事的にも交易上からも重要な位置にありました。狭い国土をうまく利用した酪農、養豚、養鶏、多種多様な野菜の栽培によって豊かな食生活がささえられています。

野菜類では特にベルギーチコリ、アスパラガス、じゃが芋、エシャロット、芽キャベツが有名です。国土の北半分を占めるオランダ語圏は北海に近いためムール貝、カキ、小エビ、舌平目、ニシンなどの新鮮な魚貝類に恵まれています。アルデンヌの高地をひかえた南部ベルギーのフランス語圏は淡水魚、キジや野ウサギ、イノシシ、シカなどの宝庫であり、野趣に富んだ料理が楽しめます。

ぶどうの栽培に向かないベルギーでは、名産品のホップを使いビール作りが盛んです。ビールの種類は多く、400銘柄以上あると言われています。銘柄ごとにオリジナルデザインのビールグラスがあり、各ビールの個性的な色や香りを楽しむためのこだわりを感じさせます。もちろんビールは料理にも使用されます。

続きを読む