クロアチア

内陸部の肉料理「チェヴァプチッチ」、
沿岸部の魚介料理「タコのサラダ」など代表的メニューを中心にご紹介。

クロアチアの料理

クロアチアの食文化

ヨーロッパ大陸南東部、バルカン半島の北西端に位置するクロアチア。遠く離れた日本人にとっては、独立戦争や民族紛争のイメージが強いかもしれません。しかし、実際はアドリア海に面して続く海岸線の美しさをはじめ、城壁に囲まれた中世の町並みが残る最南端の地ドブロニクなど世界遺産も数多く存在し、すばらしい観光資源に恵まれた風光明媚な国です。

クロアチアはその地理的環境から、長い歴史の中でヨーロッパ大陸と地中海の影響を多分に受けてきました。食文化においても、イタリア、ハンガリー、オーストリア、トルコなど、他国のメニューを起源としたものが多くみられます。また国土は内陸部と海岸部がV字を形作るような極端な形をしており、地域によって食生活が異なります。内陸部では豊富な農作物やチーズなどの酪農品、肉類を使った料理が多く、全長1778kmにも及ぶ長い海岸部では、新鮮なアドリア海の魚介類が多く使われます。特にアドリア海を挟み、イタリアと対面に位置する海岸地域では、魚介を使ったパスタやリゾット、ピザなど、本場さながらの味を提供する質のよいイタリアンレストランが数多く見られます。

外交や紛争の歴史が刻まれたクロアチアでは、民族の誇りをその国旗が物語っています。国旗の中心に描かれている赤と白の格子柄は「シャホヴニツァ(チェス盤)」と呼ばれ、中世の時代から使われているクロアチア民族の象徴。サッカー代表チームのユニホームなど、さまざまなところでこの格子柄が使われています。また、格子柄の上の5つの紋章は、クロアチアの地域を表しているといわれ、まさに彼らの国民性や愛国心の強さを感じさせます。

続きを読む