ハンガリー

ハンガリーの代表的食材であるパプリカや
サワークリームを使った個性あふれるメニュー

ハンガリーの料理

ハンガリーの食文化

中欧に位置し7つの隣国に囲まれた、日本の1/4ほどの面積のハンガリー共和国。ウラル山脈地方から移動してきた遊牧民(マジャール人)を祖先に持つ、ヨーロッパでは唯一、アジア系民族の国です。

繁栄と侵略の歴史が刻まれたこの国の食文化は、時に外国の影響を受けながら、「ドナウの真珠」と称される首都ブタ・ペストを中心に、独創的に形成されていきました。

ハンガリー料理の特徴は、なんと言ってもパプリカ。風味、辛さ、色、形などの違いによりその種類は非常に多く、生のままあるいは乾燥させたり、粉末にしたりと、さまざまな料理に使われます。牛肉のシチュー「グヤーシュ」や、魚のスープ「ハラースレー」は、たっぷりのパプリカが使用され、独特の赤色が印象的な名物料理です。

また、海のないこの国では、魚といえば淡水魚のこと。コイ、なまず、川カマスなどが使われます。国土の半分以上を占める大平原ではゆったりと牛、羊が放牧され、バラエティーに富んだ畜産加工品のほか、サワークリームも特徴的な食材のひとつとなっています。ワイン、フォアグラの生産も盛んなハンガリーは、小国ながらヨーロッパでも有数のグルメの国。どこかアジア的な、刺激的で大胆なスパイスの使い方など、私たちにも受け入れやすい食文化と言えそうです。

続きを読む