ノルウェー

国民的料理「フォーリコール」をはじめとする、
北国ノルウェーならではの温かみのある料理をご紹介します。

ノルウェーの料理

ノルウェーの食文化

スカンジナビア半島の西側に位置し、南北に細長い国、ノルウェー。長い海岸線を刻むフィヨルド、澄んだ空気ときれいな水、松やスプルース(トウヒの一種)の針葉樹林、トナカイの群れ、夏の白夜、冬のオーロラなど、ノルウェーの大自然は魅力的です。しかしながら、国土の北部が北極圏に含まれ、1年の半分が雪に閉ざされる厳しい気候のノルウェーは、耕作に向かないため、豊富にとれる魚介類やジビエなどの肉類、多彩なベリー類などを保存することで、厳しい冬を乗り切ってきました。

ノルウェーの食生活は「保存食」なしでは語れません。羊、豚、牛などの肉は干したり、塩漬けまたは薫製にします。また、北海で水揚げされる新鮮なニシンやサケ、タラなどの魚介類は長い間、最も重要な食糧の柱となってきました。肉類同様、乾物や塩漬け、酢漬けにして利用してきました。中でも「ストックフィッシュ」と呼ばれる干しダラは、古くから国外にも輸出されていた重要な保存食。伝統料理「ルーテフィクス」は、固く乾燥した干しダラを木づちでよくたたき、しらかばの灰汁に漬け込んでもどし、ゆでた料理で、あっさりとしていながら深い味わいです。

主食は、じゃがいもやオーブンで焼き上げたパン。新鮮な野菜類が不足しがちなノルウェーでは、白パンよりも、茶色や黒い色に近いパンが主流です。伝統的な「フラットブレッド」は、オオムギやオートムギで作った生地を、薄く丸くのばし、丸い石板の上で焼いたかたいパン。クラッカーのような食感で、現在でも、チーズやスモークサーモンをのせて、オープンサンドのように利用されています。

また、高原や森林地帯では、きのこや、コケモモ、イチゴ、ラズベリーといったベリー類にも恵まれています。もちろん保存食に加工して利用します。ベリー類から作られたジャムはその種類も多く、パンやワッフルなどにつけるのはもちろんですが、ユニークなのは肉料理に添えて食べる食べ方。「ミートボール(ヒョットカーケ)」にはコケモモのジャムが欠かせません。保存食を大切に食べつなぐことから発見したノルウェー人のおいしい食べ方なのでしょう。

厳しい気候風土の中で育まれた、素朴でシンプルな食文化。自然を愛し、自然との関わりを変わらずに持ち続けていきたいというノルウェー人気質が現れているようです。

続きを読む