旭化成住宅建設株式会社

Y.Ⅰ

施工管理 2012年入社

摂南大学卒

どんな仕事?

住宅新築工事の施工管理です。着工前から引渡しまでの工程表に従ってその予定通りに進んでいるか確認し、現場で職人さんとコミュニケーションを取りつつ安全確認・品質チェックを実施します。一人で同時に13棟ほど担当していますが、入社1年目でも少なくとも1棟は着工から引渡しまでを担当します。若いうちから責任ある仕事を任せてもらえるので、とてもやりがいを感じられます。

#

実際に働いてみてどう?

入社する前は、様々な職種の専門知識が必要であり、施工管理としてどれだけ知識をつけられるかが一番大事だと思っていましたが、実際に業務を順調に進めるには、人とのコミュニケーションも大切であると感じています。職人さんに指示一つ出すだけでも、思うように伝えられなくて苦労したことがあります。私自身まだまだ勉強中ですが、人との信頼関係を築くことと知識の両立が重要だと思っています。

就職先はどうやって決めた?

就職活動中は、どのような会社があるかを知りたくて、数多くの企業の会社説明会に参加しました。その中で旭化成ホームズの会社説明会に参加したとき、採用担当の方々の人柄の良さに魅力を感じて、希望していた施工管理ができるこの会社に、就職サイトから応募をしました。

#

働く前のイメージは?

アットホームな社風だと思いましたし、入社してからもそのイメージは変わっていません。優しい先輩に恵まれ、わからないことや困ったことにも相談に乗ってもらえています。ただし、仕事柄現場の工程や、施工方法など自分で判断を迫られることが多くあるので、なんでも聞くのではなく自分の意見を持つことを教えられました。メリハリがある印象ですね。

どんな学生時代だった?

バスケットボールに力を入れていました。部活ではなく地域のクラブチームに所属していたので、そのころから学生から社会人まで年代の違う方々と話す機会があり、いろいろ学ぶことができました。

将来の目標は?

建築の専門知識を学び、優秀な技術者になると同時に、優秀な指導者になりたいです。当社の仕事は、専門知識だけでは補えない所があります。たとえば、図面通りに現場が納まらない事や、特殊な条件の現場など。そこで必要なのは経験です。私自身まだまだ勉強中で至らない部分ばかりですが、先輩方から多くの知識と経験を学びとり、多種多様な状況に臨機応変に対応できる技術者になって、さらに自分も後輩に教える事の出来る人になることが目標です。

#

どうやって決めた?

#

ある日のスケジュール

#

自分のスキル向上と資格取得の為、勉強に励んでいますが、土日の休みには友人と日帰りまたは泊りで旅行に行っています。またスクーバダイビングのライセンスを学生時代に取得していて、ダイビングをしに伊豆へ行くことも。

給与の使い道

#

様々な思いで一生を掛けてお施主様が購入した建物を造ることで得た給料なので、大事に使いたいと思います。