旭化成ライフライン株式会社

永井 禎啓

建設事業所 リーダー 2012年入社

武蔵野大学卒

どんな仕事?

ヘーベルハウスの給排水やガスなどの設備工事の施行管理者として、工程・品質・安全などの管理を行っています。すでに100件以上のヘーベルハウス施工に携わり、戸建てから集合住宅、介護施設や店舗物件など、さまざまな現場で多くの人たちと関わらせていただきながら、仕事をしています。

#

実際に働いてみてどう?

設備工事というものは全体の一部かと想像していましたが、実は着工から引渡しまでのすべての工程に関わる非常に重要な仕事であることを知りました。そのため、他の業種のさまざまな人たちとコミュニケーションをとり、設備に関する知識だけではなく幅広い知識と経験を身につける必要があります。この点でもちろん苦労もしてはいますが、この仕事の醍醐味でもあると感じています。

就職先はどうやって決めた?

前職は営業として建築資材の商社に勤めていましたが、中途採用で旭化成ライフラインに入社しました。前職の建築現場で施工管理の仕事に興味を持ち、転職サイトで旭化成ライフラインの募集を知りました。日本一の総合設備会社を目指すという方向性と可能性に共感し、新しいことにチャレンジできる環境に魅力を感じたので、転職を決めました。

#

働く前のイメージは?

施工管理の業務は、現場の工程を決めたり、施工品質の確認、予算の策定、安全指導などを行うものと想像していましたが、実際の業務では自ら器具類を取り付けたり、配管作業を行う場面もあり、想像とかなり違っていました。自分自身で施工してみることで、現場の収まりや器具そのものの構造など、より深い理解を得ることができたと思っています。

どんな学生時代だった?

高校の3年間はバレーボール部に所属し、部活どっぷりの生活でした。バレーボールは高校から始めましたが、3年生の時にはキャプテンを務め、東京都大会でベスト8の成績を残せました。部活を通して学んだ礼儀と礼節は、社会人となった今でもとても役に立っています。

将来の目標は?

周囲の先輩方からどんどん学び取って吸収し、自分だけの技術や知識を身につけて、誰にもマネできないオンリー1の存在になりたいと思います。まだまだ知識や経験が不足していると感じる毎日ですが、今後も業務を通じて多くを学び、責任感と自信を持ってさまざまな仕事にチャレンジしていくつもりです。

#

どうやって決めた?

#

ある日のスケジュール

#

退勤後は同僚と食事、最近はフットサルもやっています。休日もスノボやキャンプなどでリフレッシュして、仕事にいい影響が出るようにしています。

給与の使い道

#

働くことは単に収入を得て生活するためのもの、と考えていましたが、今は自分の夢を実現するためのものとして目的を持って働いています。