HOME > グリコアルブミン測定試薬(ルシカGA-L)> グリコアルブミン測定試薬の性能

グリコアルブミン測定試薬 ルシカGA-L

グリコアルブミン測定試薬の性能

特長

  • ◇ 試薬の調整が不要の液状試薬です。
  • ◇ 特異性の高いプロテアーゼと酵素を採用。
  • ◇ 汎用の生化学自動分析装置への適応が可能です。
  • ◇ 診療前測定が可能となりました。
  • ◇ アルブミン測定に、より特異性の高い新BCP法を採用しました。

 

測定原理

グリコアルブミン:内在する糖化アミノ酸の影響を消去系により解消します。

アルブミン:新BCP法による測定で、アルブミンをより特異的に測定します。

GA値の計算

※1 T.Kouzuma Clinical Chimica Acta 346: 135-143 (2004)

このページのTOPへ

測定精度

同時再現性 (n=20)
  管理血清 健常者血清 患者血清
平均値 14.4% 15.9% 24.5%
SD 0.09 0.13 0.23
CV 0.63% 0.82% 0.93%

日間再現性 (n=20)
  健常者血清 患者血清
平均値 16.2% 24.8%
SD 0.091 0.166
CV 0.56% 0.67%

このページのTOPへ

共存物質の影響

ビリルビンFの影響
ビリルビンFの影響

乳びの影響
乳びの影響

アスコルビン酸の影響
アスコルビン酸の影響
ビリルビンCの影響
ビリルビンCの影響

グルコースの影響
グルコースの影響

溶血の影響
溶血の影響

 

● ビリルビンF及びC、乳び、グルコースはGA値(%)にほとんど影響を与えないことが確認されました。

● アスコルビン酸は100mg/dLまで、ヘモグロビンは196mg/dLまでGA値(%)に影響を与えないことが確認されました。

● 溶血は僅かに負誤差を与えました。


このページのTOPへ

抗凝固剤・解糖阻止の影響

抗凝固剤・解糖阻止の影響

このページのTOPへ

希釈直線性

CA濃度アルブミン濃度

このページのTOPへ

相関性

相関性

このページのTOPへ

試薬測定例

日立7170s型自動分析装置

GA試薬

GA試薬


アルブミン試薬

アルブミン試薬

 

このページのTOPへ
血液透析患者の糖尿病治療ガイド2012特設ページ グリコアルブミン情報ファイル
  3週間前から採血時までの平均的な血糖状態がわかるグリコアルブミン検査。
  基礎知識と臨床現場における活用例。
お問合せ