サンテックSフィルム公式サイト 旭化成
switch to English
 
トップページへ サンテックSフィルム製品紹介 サンテックSフィルムの用途 サンテックSフィルムの機能紹介 サンテックSフィルムの包装形態 サンテックSフィルムの環境対応 サンテックSフィルムに関するお問い合せはこちらへ サイトマップ
トップ > 環境対応
サンテックSフィルム™の環境対応
 
  可塑剤不使用で安全・安心  
     
  サンテックSフィルム™は可塑剤をまったく含まないポリオレフィン系フィルムです。食品への移行がなく安心して使用できます。食品衛生法の規定による『合成樹脂製の器具又は、容器包装の規格基準』(厚生省告示昭和34年第370号の第3のD-2)に適合する安全な材料として認められています。  
 
  自然環境保全への取り組み  
     
  コジェネレーションシステム(省エネルギーへの取り組み)  
  サンテックSフィルム™は、発電で生じる廃熱(蒸気)を冷暖房や給湯などの熱需要に利用するコジェネレーションシステムを生産プロセスに活用し、使用エネルギー効率を高めています。蒸気を新たに焚く必要が無いので、二酸化炭素の排出量を削減でき、地球温暖化防止対策になります。また、燃料を重油から都市ガスに転換し、大気汚染物質である硫黄酸化物の排出も0としました。  
     
  コジェネレーションシステムの概念図  
     
 
ISO14001を取得し、省エネルギー、省資源・廃棄物削減、資源リサイクルなどの活動に取り組み、環境マネジメントシステムとして確立しました。   ISO